『NEWS』のダサ過ぎるライブグッズが話題「どう見てもアレ…」

まいじつ

2019/3/15 11:00

NEWS 
画/彩賀ゆう (C)まいじつ

2月下旬に最新アルバム『WORLDISTA』を発売した『NEWS』が、アルバムを引っ提げた同名コンサートツアーを3月9日から開催している。会場ではコンサートに伴ってグッズも販売されているが、これが「ダサ過ぎる」とファンの間で話題になっている。

昨年は何かと世間を騒がせたNEWSだが、コンサート開催は年末年始に行なった『EPCOTIA』以来2カ月ぶりという早さ。初公演前日の8日からは、会場となる静岡『エコパアリーナ』でグッズ販売が開始され、これまで商品名のみでベールに包まれていたグッズの全貌が〝解禁〟されることになった。

グッズにはクリアファイルやポスターといった定番の他、ロゴをプリントしたシンプルなタオル、エコバッグ等もラインアップ。Tシャツに関しては普段着で使用しても違和感がないデザイン性の高さで、SNSでも高評価を受けている。しかし、同じファッションアイテムにもかかわらず、「パーカー」は正反対の評価となっているようで…。

珍妙なデザインから「大草原」との異名が


SNS上の購入報告を見ると、パーカーの色はアルバムジャケットに合わせた赤紫のみの一色展開。さらに、アルバムの頭文字「W」が背面、右袖、左袖の各所に異なるロゴで散りばめられており、着て歩くには相当に勇気がいるデザインとなっている。

さらに、同パーカーには「W」が散りばめられていることから、笑いを意味するスラング〝w〟になぞらえた「大草原パーカー」という呼び名がファンの間で定着。ツイッターでも、

《大草原パーカーはわろた ネーミングセンス抜群》
《ネーミングで大草原だわ》
《赤に黄色でWとかマックのポテトにしか見えない》
《パーカーのデザイン見て誰もこれ大草原じゃね? って思ったメンバーいなかったんかよ?》
《大草原パーカーやばい本当に草でしかないやん》
《着る側の気持ち考えて作れや…》

などとたちまち話題となり、一時はトレンドワードにも入る珍事件と化している。

「ファンの間ではかなり話題になっていましたが、近年最も衝撃を受けたジャニーズグッズは2015年に販売された『Sexy Zone』のペンライトですね。これは浮き輪のように膨らませる空気式のバルーンライトだったのですが、その形はどこからどう見ても男性器。グループ名や赤いライトアップも相まって、女性に持たせるのはセクハラと言えるレベルのシロモノでしたよ」(ジャニーズウオッチャー)

これを着て街を歩く人を見掛けたときは、思わず〝草を生やしてしまう〟こと間違いなし!?

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ