『空挺ドラゴンズ』が待望のアニメ化!ティザーPV&ビジュアルが解禁

SPICE

2019/3/14 21:30


本日開催された「フジテレビ アニメラインナップ発表会 2019」にて、空と龍に魅せられた乗組員たちの旅を描く『空挺ドラゴンズ』のアニメ化が発表された。2020年1月より「+Ultra」で放送となる。合わせてティザーPV、ティザービジュアルも公開されている。



主要スタッフは『シドニアの騎士』『BLAME!』のスタッフが再集結。監督は『シドニアの騎士 第九惑星戦役』『BLAME!』で副監督を務めた吉平"Tady"直弘。シリーズ構成・脚本は『暗殺教室』『アルスラーン戦記』など数々の人気作品を手掛ける上江洲誠。音響監督は『スパイダーマン:スパイダーバース』、『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズなどを手掛ける岩浪美和。そしてアニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズが担当する。








〇ストーリー
空の覇者、龍<ドラゴン>。
その存在は多くの地上の人々にとっては脅威・災害であり、同時に薬や油、
そして食用としての価値がある“宝の山”でもあった。
その龍<ドラゴン>を狩る存在がいた。
捕龍船を操り、空を駆け、龍を狩り、旅をする。
彼らは「龍(おろち)捕り」。
これはその中の一艇“クィン・ザザ号”とそのクルー達の物語である。

そしてダ・ヴィンチ6月号(5月7日発売予定)より、オリジナルのノベライズ『空挺ドラゴンズ』(仮題)の連載もスタートすることが発表された。ヴァナベルを主人公に、オリジナルの女性キャラクターが活躍するオリジナルのノベライズ。エピソードごとに原作者の桑原太矩が描き下ろしのイラストを寄稿予定とのこと。

『空挺ドラゴンズ』は、『月刊 good!アフタヌーン』(講談社)にて連載中の桑原太矩による漫画作品。原作コミックは現在5巻まで発売中。第6巻は5月7日に発売が予定されている。今のうちに原作でしっかりと予習しておきたい。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ