自民党・二階幹事長が安倍首相の「4選支持」表明 老獪・狡猾さがあらためて露見

しらべぇ




自民党・二階俊博幹事長の老獪かつ狡猾な一面がハッキリしたということか。この時期における二階氏の安倍晋三首相の「自民党総裁」4選、支持発言である。

■4選も「何ら問題ない」


二階氏は12日の記者会見で、安倍晋三首相の党総裁連続4選論について「党内外や海外からの支援もあり、この状況では十分あり得る。首相は党員の期待に応えて頑張っている」と述べた。

党則が認める任期が連続3期9年までとなっていることをめぐっては「余人をもって代え難いときは、何ら問題はない」と断言している。

これまでも、2月27日に安倍親衛隊の加藤勝信総務会長は「国民から『さらに続けてほしい』との声が出てくれば、4選の状況は生まれてくるかもしれない」と述べるなど、繰り返し4選の可能性に言及してきた。二階氏の今回の4選支持発言はそれに乗っかる形だ。

■安倍官邸と対立していた二階氏


じつをいうと、二階氏と安倍首相官邸サイドはこの間、対立してきた。たとえば安倍首相は、憲法改正を実現するためには日本維新の会が必要だと考え、松井一郎大阪府知事や維新の創立者である橋下徹前大阪市長と会談を繰り返し、融和路線をとってきた。

ところが、二階氏は11日の会見で、「『大阪(の自民党)よ、こういうチャンスに奮起せよ』という気持ちが大いにある」と大阪の自民党を激励。

「大阪(の自民党)が奮起してやる気を見せれば、その何倍か党本部は(バックアップを)やる。大阪はみんなに力を借りなければ勝てないだろう。大阪はしっかり頑張っていただきたい」と語り、打倒・大阪維新政治を鮮明にした。

4日の会見でも大阪維新の会がダブル選(大阪府知事選・市長選)を仕掛けることについて、「いささか思い上がっているのではないか」と不快感を示した。

そして、8日夜には俳優の辰巳琢郎に都内で極秘裏に会い、出馬を打診。対立候補を自らが陣頭に立ち、模索したのであった。

■対立は都知事選でも




さらに、次の東京都知事選挙についても安倍官邸と対立した。安倍氏の側近が多い自民党都連や安倍氏は、都知事選で自民党と対立し知事になった小池百合子氏を許していない。

小池氏は、都議選で「都民ファーストの会」を率いて都議会の自民党を壊滅に追い込み、2017年の総選挙で「希望の党」を率いて政権交代を目指していた。

菅義偉官房長官が対立候補を探しているという話もあった。にもかかわらず、二階氏は小池知事と会談。4日の会見で、次期都知事選に小池知事が立候補した場合に「全面的に協力する」と再選を支持し、都連や官邸を唖然とさせた。

■4選支持は安倍首相との和解?


そのため、12日の日刊ゲンダイは「大阪ダブル選への対応で浮き彫り 二階幹事長 安倍首相 深刻対立」と題した記事で、二階氏の一連の動きを官邸への「宣戦布告」だと見立てた。

しかし、対立していたのにコロッと豹変し、仲睦まじさをアピールするのが、したたかな二階氏だ。全国記者はいう。

「このまま対立が深まれば、高齢を理由に幹事長を交代させられることもありうる。さらに、選挙を仕切る権限を、安倍首相の側近中の側近、甘利明選対委員長に与えられかねない。

ここらへんで全面対立を避けるため、リップサービスで『4選支持』を明言したのでしょう」

■「調整型の貴重な政治家」との評




かつて、筆者は政権のご意見番である亀井静香元金融相にインタビューしたとき、二階評を聞いたことがある。以下、亀井氏の言葉だ。

「今の自民党には利害調整ができたり、党内の空気に敏感で、策を立てて動いたり、温情を以て部下に接する人間がいなくなっちゃったね。調整型がいない。

俺が政調会長の頃だったら、野中広務や梶山静六という権謀術数に長けた人間がいた。そこをいくと、老獪だの狡猾だの言われるけど、自民党をとりまとめられる唯一の人間が今では二階俊博だ。二階を引き上げたのは野中だしね」

■支持には絶妙の


今年は選挙イヤー。統一地方選挙と参院選がある。亥年の選挙は自民党に不利だと言うが選出の記者は否定する。

「参院選まで、4ヶ月しかないのに、32ある1人区で野党統一候補が決まったのは沖縄県だけ。統一地方選挙でも、県議レベルだと立憲民主党も国民民主党も十分に候補者が立てられていない。明らかに準備が遅れている。

このままでは、前回の総選挙のように、敵失で自民党・公明党が勝利する可能性が高い。そうすると、安倍首相の4選の声は当然、高まってくるでしょう。それを察知して、真っ先に『4選支持』を絶妙のタイミングで表明した二階氏はたいしたものです」

4選の芽が見えてくるのは参院選後だ。はたして、安倍与党は勝利できるのか。要注目だ。

・合わせて読みたい→「小沢一郎・橋下徹」連合は実現するのか 「橋下待望論」と会談の真相を小沢代表に直撃

(取材・文/しらべぇ編集部・及川健二

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ