脈アリorナシ? 男性が「急に冷たい態度」をとってくる理由4つ




仲良くなれたと思っていた男性が、なぜか急に冷たい対応をするようになった……。何か悪いことしたのかな? そんなふうに悩んでしまう方も多いはずです! けれど冷たくなったからといって、嫌いになったとは限らないのだとか。じゃあ一体、どうしてなの?
今回は「男性が急に冷たい態度をとってくる理由」をご紹介します!

男性が「急に冷たい態度」をとる理由

1. 周囲に気持ちを知られたくない



周りに自分の気持ちを知られるのが嫌で、「あえて冷たい態度をとってしまう」という声もありました。周囲から「もしかして?」と冷やかされたりすると、相手の女性にも迷惑をかけてしまうのでは……。そう思い、あえてそっけない対応をしてしまうという声も目立ちました。

「周りから『もしかして好きなの? 付き合っているの?』と冷やかされると、気恥ずかしいし、相手の女性にも迷惑をかけたくないので、冷たい接し方をしてしまうことが。でも二人だけのときは普通に対応します」(31歳・通信会社勤務)

▽ みんなの前で冷たい対応をするのは「好き避け(好きだけどバレたくなくて避けてしまう)」かもしれませんね。二人きりのときと、態度の違いを比べてみましょう。

2. 気を引くためにあえて冷たくする

好きな女性に自分のことをもっと意識してほしくて、今までずっと押していたけれどあえて冷たくするというテクニックを使う男性も少なくありません。恋愛経験豊富な男性はやりがちという声も! 「押して引く」の引く時期という可能性も高いです。

「今まで押していたけど、あまり効果がない場合『冷たい対応』にしてみることがある。ずっとLINEで即レスしていたけれど、一日たってから返事するとか。みんなの前では少し冷たくするとか」(29歳・メーカー勤務)

▽ 押してダメなら引いてみる作戦で、「冷たい態度をとってみる」を実践する男性も少なくないそうです。

3. 脈がないと確信して冷めてしまった



何らかのきっかけで「これは脈ナシだな」と感じて冷たい態度になってしまうことがあるという声もありました。女性の本心は別として「振り向いてもらえないからあきらめよう」と塩対応になってしまうパターンです。

「自分以外の男性とも仲良くしていて、振り向いてもらえないときに『あきらめるしかないな』と冷たい態度になってしまうことがあります。意外と繊細な男心なので、脈ナシって感じたら気持ちの整理をするために態度を変えてしまう」(33歳・IT関連)

▽ 無理っぽいなと感じたら、急に冷たい態度になってしまう。友達として付き合っていた女性にとっては「嫌われた?」と誤解してしまいそうですね。

4. 仕事とプライベートが忙しくなった

男性は女性よりも「一つのことに集中する習性」があるといわれています。仕事やプライベートが忙しくなると、大事な用事を優先するため、女性的には「最近冷たいな」と感じてしまうことも少なくないです。悪気はなく、ただ単に忙しいというパターンです。

「男ってよほど器用じゃない限り、一度に複数のことをこなすのが苦手。だから仕事が忙しくなると、返信が遅れたり、連絡がしばらく途絶えてしまう。女性にとっては冷たいって感じるのかもしれないですよね」(31歳・メーカー勤務)

▽ 脳の仕組み的に、男性は一度にいくつものことをこなすのが難しいのだとか! 不器用なタイプだと冷たい対応に見えてしまうのかもしれません!

まとめ

こんな理由で「冷たい態度」をとってしまうことがあるのだとか! ただ嫌いになったというわけではなく、実は「気持ちは変わってないけど、つい冷たくしてしまう」というパターンもあります。早合点してあきらめずに、きちんと見極めたいですね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ