ザ・スミスの結成前夜描く映画『ENGLAND IS MINE』5月公開、ティザービジュアルも

Billboard JAPAN

2019/3/12 12:00



映画『ENGLAND IS MINE(原題)』が5月31日からシネクイントほか全国で公開される。

1980年代に活躍したザ・スミスの結成前夜を描く同作。高校をドロップアウトし、仕事をサボって詩を書くことが唯一の慰めだったスティーブン・モリッシーが、バンドの結成、初のライブ、別れや挫折を経て、ジョニー・マーと出会うというあらすじだ。

皮肉屋だが人一倍の音楽への情熱を抱く若き日のモリッシー役を『ダンケルク』のジャック・ロウデンが演じるほか、モリッシーの才能を見抜き、後押しするリンダー・スターリング役に『ダウントン・アビー』シリーズのジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、モリッシーを誘惑するクリスティーン役にドラマ『キリング・イヴ/Killing Eve』のジョディ・カマーがキャスティング。監督と脚本をマーク・ギルが務める。

発表とあわせて作品のティザービジュアルが公開された。

◎作品情報
『ENGLAND IS MINE(原題)』
2019/5/31(金)シネクイントほか全国公開
監督・脚本:マーク・ギル
出演:
ジャック・ロウデン
ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ
ジョディ・カマー

(C)2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ