職場恋愛にドキドキ…脈アリのサインを見極めるポイント4つ

カナウ


職場恋愛にドキドキ…脈アリのサインを見極めるポイント4つ

実は、恋人がいる約4人に1人が、そして結婚した夫婦の約3人に1人が、出会いのきっかけが「職場や仕事」にあったと回答しているんです。

「職場にいい人なんていないよ」なんて嘆いている場合じゃありません!今回は社内恋愛のきっかけになりうる、男性からの脈アリサインを検証したいと思います。

目次



〇社内恋愛は、こんなにも頻繁に起こっていた!


国立社会保障・人口問題研究所が2015年に調査した「第15回出生動向基本調査 独身者・夫婦調査共通項目の結果概要」によると、未婚者が現在の交際相手と出会ったきっかけを「職場や仕事」と回答した男性は18.5 %、女性は21.5%という結果になっています。
また夫妻が出会ったきっかけを「職場や仕事」と回答した夫婦が28.1%もいることがわかりました。ちなみに夫婦の出会いのきっかけ1位は「友人・兄弟姉妹を通じて」の30.9%なので、2位の「職場や仕事」とは大差ない結果といえますね。
確かに周囲の既婚者を見ても、社内恋愛とまではいかなくても同僚を通して、あるいは社内に出入りする業者や取引先の人など、仕事が関係しての出会いはかなり多いのではないでしょうか。
つまり社内でのあなたの評価も関わってきますし、そもそもあなたが気づかないだけで、社内の異性からアプローチされていることもありうるのです!

〇社内恋愛での脈アリサインを見逃すな!


では男性は社内で気になる女性ができた場合、どんな脈ありサインを出しているのでしょうか。都内で勤務する20代~30代の男性にインタビューしてみました。
1.視線を送る
・「気になっているよ、というアピールをするため、暇さえあれば視線を送ります」(27歳/事務)
・「彼女がミスをしたら、すかさずフォローできるよう、絶えず視界に入れています」(30歳/経理)
視線を送られすぎても怖いですが、よく目が合うって意識するきっかけにはなりますよね。ふとした時に目が合う人がいたら、実は恋のサインを送っているのかもしれませんよ。
2.食事に誘う
・「まずはランチから! 食事をともにするとお互いの理解も深まりますよね」(29歳/不動産)
・「社内飲み会を開いて親睦を深めるついでに、アプローチします」(33歳/人事)
同僚とのランチ、飲み会であれば断る理由もそうそうありませんから、親しくなれそうですね。
3.頻繁に話しかける
・「接点がなければ関係も深まらないので、会話の中から趣味や恋人の有無を探ります」(35歳/営業)
・「たくさん話しかけて仲よくなろうとします」(26歳/貿易)
会話の内容はもちろんテンポや間合いも含めて、すべてがコミュニケーションですからね。話が弾むことで、お互いの共通の話題も増え、もっと一緒にいたいと思うようになるかも。
4.一緒に仕事をする
・「彼女と一緒にできそうな仕事を企画する」(31歳/販売)
・「自分の仕事を頼んだりアドバイスをしたりする」(34歳/サービス)
やや姑息な感じもしますが、共同作業は二人の愛を深めるものです。本来の目的は恋愛ではなく仕事!なはず。でも仕事を通して、より二人の距離が縮まるのも事実でしょう。

〇社内恋愛で気をつけたいこと


社内恋愛における脈アリサインに気づいた場合に覚えておいてほしいのが、“別れた後のことをきちんと考えてからお付き合いすること”です。社内恋愛でもっとも難しいのは、二人の関係が上手くいっているときより、その関係が破たんした後。恋の始まりにありがちな「あの人となら大丈夫!」という根拠のない自信は、あってないようなものなので覚悟しておきましょう。
社内恋愛をするなら、二人のルール決めや別れた後の対処法もふまえて、きちんと話し合える、精神的にも自立したパートナーを選んだほうがよさそうです。そうすれば、どのような結果でも悪い方向にはいかないでしょう。
他の宗教を熱心に信仰する人たちが見た場合は、まったく違う意味となるでしょう。むしろ、夢に意味があるということ自体を否定するかもしれませんね。
(恋愛ウォッチャーaYa/ライター)
参考元)国立社会保障・人口問題研究所 第15回出生動向基本調査より

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ