広告写真家が表現する『VR・ARの三次元写真展』 羽生結弦や森且行、 UVERworldの“飛び出る”広告を展示

SPICE

2019/3/10 10:00


『VR・ARの三次元写真展』が、2019年3月15日(金)~3月20日(水)まで、オリンパスギャラリー東京にて開催される。

写真表現の新しい姿を提案し、写真界を動かしていく発信者でありたい……。そんな思いをチーム名に込めた 「PhotoMovers」のメンバーは、全員APA(公益社団法人日本写真家協会)の正会員で、プロの広告フォトグラファー集団だ。新しい姿とは、従来の写真の枠の中での表現にとどまらないこと。日々進化するデジタルテクノロジーを取り入れた、新しい表現フォーマットを自ら創り出すこと。そして、誰も見たことのない表現にチャレンジすること。それこそが、次世代の写真家の在るべき姿だと、「PhotoMovers」は考える。そして、今回広告表現に取り入れたのは、VRとARのふたつのテクノロジーだ。


AR作品について


ギャラリーの壁に飾られた写真にARアプリをダウンロードしたスマホをかざすと、文字やキャッチコピーが浮き出て、広告写真として完成する作品を鑑賞できる。写真広告でも動画広告でも表現できない、ARだからこそ成り立つ未来の広告となっている。

AR作品例
・ フィギュアスケート羽生結弦選手が飛び出る広告 (能登 直)
・ オートレーサーの森且行が飛び出る広告 (Hiro Otsuka)
・ 吉井和哉が飛び出る広告 (Mitch Ikeda)
・ UVERworldの新作アルバムのAR広告 (平野 タカシ) など

VR作品について


会場の中央スペースに専用ヘッドセットを座った状態で頭部に装着すると、360度の仮想現実の世界で150枚の写真作品を鑑賞できる。小さなキャプションを3秒間注視すると、目の前に作品が大きく拡大され、写真と共に作者やタイトル、説明なども表示される。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ