舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-開幕!久保田悠来の「貴虎をご堪能ください」


011525.jpg

2019年3月9日(土)に東京・日本青年館ホールにて、舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-が開幕した。本作は、平成仮面ライダーシリーズ第15作目の『仮面ライダー鎧武/ガイム』に登場した仮面ライダー斬月(ざんげつ)を主役とし、初の演劇作品として上演するもの。初日前には、公開ゲネプロと囲み会見が行われ、主演の久保田悠来をはじめ、萩谷慧悟、丘山晴己、脚本・演出を手掛けた毛利亘宏(少年社中)が登壇し、意気込みを語った。

本作で描かれるのは、TVシリーズでは描かれなかった前日譚を含むその後の物語。TVシリーズにも脚本で参加した毛利のほか、シリーズ原案・監修に虚淵玄(ニトロプラス)、脚本協力に鋼屋ジン(ニトロプラス)が参加し、舞台ならではのオリジナルストーリーを展開。

物語の舞台は、かつて巨大企業ユグドラシル・コーポレーションの実験場となっていたトルキア共和国。国の異変に気づき訪れた際、予期せぬ襲撃により記憶を失ってしまった呉島貴虎(くれしまたかとら)と、生き残るため「オレンジ・ライド」などチームを組んだ青少年たちの戦いを描く。

011525_13.jpg

TVシリーズに続いて、呉島貴虎役を演じる久保田は「仮面ライダーシリーズ初の演劇企画として、平成最後のお祭りのように演劇としてできることを大変嬉しく思っております。ぜひ、歴史的瞬間を目の当たりにしていただきたいなという気持ちです」と挨拶。

011525_10.jpg

チーム「オレンジ・ライド」のリーダー・アイム役の萩谷は「幼少期の頃から平成仮面ライダーを観ていまして、おもちゃのベルトなどを買ってもらっては、変身ポーズとかをしていたんです。それがまさか、お仕事としてやらせていただけるとは・・・。本当にフレッシュな気持ちで、がんばるぞ!という感じですね」と意気込んだ。

011525_15.jpg

鎮宮雅仁(しずみやまさひと)役の丘山は「毛利さんの力で、とても革命的な作品になっているんじゃないかなと思います。皆さんに楽しんでいただけるように、僕たちも精一杯がんばりますのでよろしくお願いいたします」と語った。

TVシリーズを引き継いだ毛利は「TVシリーズでも参加してきた作品を、(自分の)ホームグラウンドとも言える演劇にできることを、とても光栄に思っております。映像やキャラクター、TVのいろんな要素が詰め込まれ、誰も見たことがないような作品が出来上がったと思います。ぜひとも、ご期待くださいませ」と自信を見せる。

011525_8.jpg

「仮面ライダー」と言えば、映像におけるアクションシーンの多彩さが見どころの一つだが、その舞台での見せ方について、久保田は「TVですと、いろいろとカットを変えたりもできますが、今回は『カメラを止めるな!』ということで(笑)」と、初日前日にTV放送された映画タイトルになぞらえながら、「舞台では、常にアクションを続けていかなければなりません。そこで(作品としての)新しい熱をお見せできるのではないかなと思っております」とコメント。毛利も「できる限り、ライブならではの生々しさにこだわって創りました。迫力が生で伝わることを楽しんでいただければなと思っております」と続いた。

また、毛利は各役者の魅力について「久保田くんに関しては、全編において貴虎をご堪能ください!という感じです。すごく頼もしい座長です。慧悟は、キラッキラしていていいですね。TVシリーズと舞台版をつなぐ重要なキャラクターなのですが、本読みの段階から『この子でよかった』『この子でいける』という確信が持てました。丘山くんは、初めて会うタイプの役者。アプローチがおもしろく、貴虎と対を成す大事な役をミステリアスかつ深みのある芝居で見せてくれています」とそれぞれ絶賛。

011525_16.jpg

毛利の絶賛を受けた萩谷が「自分の活動に関しても心機一転、幅を広げていきたいと思っているので、いろんなことを吸収しながら、少しずつできることを増やしていって、偉大な存在になりたいなと思っています!」と目を輝かせながら、今回の現場を「先輩方にいろいろ教えていただいておりまして、とても温かい現場です」と楽しんでいる様子を覗かせると、久保田も「僕も(一緒に舞台を作る役者が)彼で良かったと思っています」と毛利の言葉にかぶせながら応えていた。

011525_9.jpg

011525_11.jpg

011525_12.jpg

011525_14.jpg

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-は、3月9日(土)から3月24日(日)まで東京・日本青年館ホールにて、3月28日(木)から3月31日(日)まで京都・京都劇場にて上演。大千秋楽となる京都公演3月31日(日)18:00回では、全国の映画館でライブビューイングが行われる予定だ。
【ライブ・ビューイング詳細】https://tjoy.co.jp/stage/lv/zangetsu/

011525_6.jpg

なお、一部公演ではTVシリーズに出演した白又敦、佃井皆美、白又敦、小林豊、松田岳、松田凌、波岡一喜(出演日順)が登壇するアフタートークも実施される。登壇者スケジュールは、以下のとおり。

◆アフタートーク実施日時&登壇者
【東京公演】
3月13日(水)14:00公演 白又敦×久保田悠来×毛利亘宏(脚本・演出)
3月13日(水)19:00公演 佃井皆美×久保田悠来×小沼将太
3月14日(木)14:00公演 小林豊×久保田悠来×増子敦貴
3月14日(木)19:00公演 松田岳×久保田悠来×原嶋元久
3月15日(金)19:00公演 松田凌×久保田悠来×宇野結也
2019年3月19日(火)14:00公演 波岡一喜×久保田悠来×丘山晴己

【京都公演】
3月29日(金)19:00公演 小林豊×久保田悠来×丘山晴己

【公式HP】https://www.nelke.co.jp/stage/zangetsu/
【公式Twitter】@stage_zangetsu

(C)石森プロ・東映 (C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会



当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ