小池東京都知事、議会混乱時に政治資金パーティ開催…築地跡地購入に5千億円税金投入か


 東京都の小池百合子都知事を取り巻く環境が、ますます厳しくなっている。

2月19日の昼、小池知事は都庁のすぐ隣にある京王プラザホテルで政治資金パーティを開催。国会議員は呼ばず、支援者や業界団体の関係者が600人ほど集まった。都知事就任から2年半が過ぎた時期のパーティである。任期満了は来年7月。「2期目の知事選への準備のための資金集め」という見方がもっぱらだ。

小池知事は今年1月4日に自らが代表を務める政治団体「百成会(ひゃくせいかい)」を東京都選挙管理委員会に届け出た。2月15日の記者会見で新たな政治団体立ち上げについて聞かれると、「そういう会を設けてほしいという支援者の声も多かった。それ以上でもそれ以下でもない」と曖昧な説明をしたが、誰も額面通り受け止めてはいない。

「2期目もやりたいのは、当然でしょう。ただ、都知事になって2年以上経つのに、これまで昼食会をやってこなかったのが不思議ではあります。石原慎太郎さんなんて、任期中ずっと、年3~4回程度の昼食会を京王プラザでやっていた。それを真似て、猪瀬直樹さんもやっていた。知事再選を目指すなら、昼食会は珍しい話じゃない。希望の党で国政に挑戦したり、それに失敗して蟄居したりでしたから、今になったんじゃないですか。それにしても、2万円の会費で出たのはカレーライス。いくら昼食といっても、お粗末すぎます」(都政関係者)

侘しい昼食メニューだけでなく、このパーティに対しては都議会からもブーイングが出ている。都議会は2月20日から来年度予算案を審議する定例議会が始まったのだが、本予算の前に審議する「補正予算」をめぐって大モメになっているのだ。初日は流会寸前。知事の施政方針演説は11時間ずれ込み、翌日未明だった。そんな時にパーティなんてやっている場合か、ということだ。

●安倍首相と菅官房長官は小池知事を嫌悪

小池知事は都の中央卸売市場を築地から豊洲へ移すことを決定した2017年の都議選前に「築地を守り、豊洲を生かす」と言っていた。「築地を食のテーマパークにする」というアイデアも披露していた。ところが小池知事は今年1月になって突然、旧築地市場の跡地について、「国際会議場を中核」とする再開発の方針を打ち出したのだ。それに伴い、跡地の管理主体を、現状の中央卸売市場会計(特別会計)から一般会計に移す考えを示した。

つまり、都民の税金である一般会計で跡地を“買う”ということ。その額5400億円。これが今年度の補正予算となっているため、「方針転換の理由を説明すべきだ」と野党の自民党や共産党などが怒っているわけだ。

小池知事を支える与党は、チルドレンの「都民ファーストの会」と公明党だが、今や「積極的応援団は都議会公明党の東村邦浩幹事長だけ」と揶揄する声もある。

さらに小池知事にとって厳しいのは、自民党が敵対姿勢をますます強めていることだ。実は、年明けから自民党で、来年の知事選を見据えた候補者選びが本格化している。小池知事は昨年、以前から近しい二階俊博幹事長を通じて都連の高島直樹幹事長(都議)と会い、“押し付け謝罪”で手打ちを図ろうとしたが、逆に不信を買った。自民党都連に小池知事を許す空気はない。そのうえ、都連だけでなく、安倍晋三首相と菅義偉官房長官は小池知事を嫌悪しているという。

「安倍さんはもともと、『私が、私が』というタイプの人物は嫌い。国会議員時代から小池さんのことは好きじゃない。菅さんは、小池さんが17年の衆院選で希望の党で国政に挑戦したことで、『絶対に許さない』となった。都知事のまま大人しくしていれば、自民党候補として再選という可能性もあったかもしれませんが、今は無理でしょう」(自民党関係者)

知事選の自民党候補としては、都連に所属する丸川珠代元五輪担当相、橋本聖子参院議員、スポーツ庁の鈴木大地長官などの具体的な名前が上がっている。

小池知事は、もはや万策尽きたか。それとも、「政界渡り鳥」の面目をかけて、不死鳥のように蘇ることがあるのか。
(文=編集部)

当記事はビジネスジャーナルの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ