『メゾン・ド・ポリス』盗聴器に話しかける高畑充希に「抜いたら使えない」とツッコミ続出


 高畑充希主演の刑事ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)の第9話が、3月8日夜10時に放送。視聴率は第1話から第4話までは2ケタを記録し、以降は第5話9.6%、第6話9.9%、第7話8.3%、第8話9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となっている。

元警察官5人と新人刑事・牧野ひより(高畑)の活躍を描いた同ドラマ。ひよりは建設現場で起きた父の不審死を、自殺として処理された過去に囚われており、刑事としての職務を全うする傍ら、常にその事件を気にかけている。前回までのエピソードで、メゾンの雑用係・夏目惣一郎(西島秀俊)が、かつてひよりの父親が勤めていた高遠建設で起きた事件を担当していたことが明らかになった。

第8話では、メゾンの住人・藤堂雅人(野口五郎)が誘拐される事件が発生。居合わせたひよりも巻き込まれ、外部との連絡が絶たれた状態で犯人の指示に従うことに。犯人の目的は、金品ではなく伊達有嗣(近藤正臣)が隠し持っている高遠建設の資料。伊達は持っていた資料を全て持ち出すが、同時に夏目の推理によってこの誘拐事件の首謀者がひよりであることも指摘される。

ひよりは伊達にも裏があると考えていたが、伊達が資料を集めていたのはひよりと同じように真実を突き止めるためだった。伊達の本心を初めて知ったひよりは、後ろめたさを感じてメゾンを飛び出してしまう。そんなひよりの前に、メゾンに出入りする御用聞き・瀬川草介(竜星涼)が現れ、自分が“警察の警察”と呼ばれる警務部人事第一課の人間であることを明かす。

草介がメゾンに出入りしていたのは、高遠建設と警察の癒着を探るためで、ひよりが来るもっと前からメゾンを監視・盗聴していた。草介の上司・鴨下(ヨシダ朝)は、「もうメゾンに関わるな」とひよりに忠告するが、しかしひよりは伊達を信じて、メゾンで高遠建設を捜査すると心に決める。

「ひよりはメゾンに戻る前、草介が自分の部屋に仕掛けたコンセント型盗聴器を抜き取って『私は“メゾン・ド・ポリス”のリーダーでもあります』と宣戦布告しました。ひよりとおじさまたちの絆が表れた感動的なシーンですが、視聴者からは『そのタイプって抜いたら使えないのでは』『電源がなくても話せるんだ? と気になってしまった』『いいシーンなのに盗聴器の性能が気になってしまう』とツッコミの声が相次いでいます」(芸能ライター)

第9話では、警視庁から天下りした、高遠建設の常務取締役・野間仁(佐野史郎)が登場。ひよりはフリージャーナリストの館林真琴(東風万智子)と共に、高遠建設や暴力団のフロント企業である青幸興行を探っていく。夏目がかつて取り調べを担当した市野沢譲(税所伊久麿)は、高遠建設の経理部にいた人間。自殺したと思われていたが、捜査を進めるうちに不正会計の口封じのために殺された可能性が浮上した。

「メゾンを賑わせていた草介の正体がわかり、『あの草介くんが警察官だったとは』『思わぬギャップにドキドキが隠せない』と視聴者も驚愕。彼の正体は誰にも言わないと誓ったひよりですが、今後の2人の関係がどうなるのかにも注目が集まっています」(同)

いよいよ人生最大の謎に迫っていくひより。果たして真実を解き明かすことができるのだろうか。

当記事はサイゾーウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ