『ねほぱほ』に「羽生結弦で人生変わった女性」が登場 その熱量に別ジャンルのオタクも共感

しらべぇ

2019/3/7 08:30

(写真はプルシェンコ選手公式Instagramのスクリーンショット)
6日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)に、羽生結弦で人生が変わった3人の女性たちが登場。

登場した3人に対して、司会の南海キャンディーズ・山里亮太は早々「共通して笑顔がもうすごい!」と、女性たちの幸せそうな雰囲気を感じ取った。

■羽生結弦に出会って世界がピンク色に…


羽生は、これまでフィギュアスケート男子シングルでオリンピックを2連覇し、史上最年少で国民栄誉賞を受賞。また、2015年に放送された『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK)では審査員を務めた。

ゲストのうちの1人はそんな羽生と出会ってから「今まで灰色だった世界がピンク色になった」と語っている。一方で、もう1人の女性は羽生の怪我が治るよう、朝ごはんに怪我に効くスムージーを飲んでいると暴露し、山里とYOUを混乱させた。

なお、羽生と出会いヤンキーを卒業したという女性は、羽生に影響され、人の役に立ちたいと思い、介護職の道に進んだという。

また、3人は「出待ちは絶対にしない」と断言。「(羽生の)人生を見させて頂いてる側っていうのを忘れないようにしないといけない」とした上で、「見せないところを無理に出待ちして見に行くのって、やっぱりマナー違反と思って…」と、ファンとしての意識を語った。

■ジャンルを越えオタクに響いた回


今回、3人の女性の言葉や意識に共感する視聴者が続出し、「どのジャンルのオタクにも当てはまる」との声が殺到している。









■普通の人よりもオタクのほうが魅力的?


しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名に「普通の人よりオタクのほうが魅力があると思うか」という調査を実施。
((C)ニュースサイトしらべぇ)
最も「オタクの方が魅力的」という意見が多かったのは20代男性だった。なお、情熱を注げるものがある人に魅力を感じるという人は、比較的若い世代に多いことも判明している。

・合わせて読みたい→『銀魂』福田雄一監督が羽生結弦とファンに謝罪 「アンチに利用された」と疑う声も

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ