バスケマンガの最高峰『スラムダンク』あるある21選!「黒歴史フンフンディフェンス」「タプタプタプタプ……」



バスケを題材にした、井上雄彦先生のマンガ『スラムダンク』。今でも人気を誇る名作中の名作です。

『スラムダンク』を読んで育った人が、プロのバスケット選手として数多く活躍。日本のバスケット界において重要すぎる作品なのです。

スラムダンクあるあるを発表!

今回は、『スラムダンク』にありがちなことをまとめてみました。ぜひ作品のことを思い浮かべながら、今回のあるあるをご堪能ください。

1.登場人物身長高すぎ
「桜木花道188cm! 」でかすぎだろ!→赤木197cm→魚住202cm→河田弟210cm。ドラゴンボールの戦闘力のように、身長がどんどんインフレしていきます。こいつら全員高校生だぞ……?

2.50人にフラれた桜木
中学校時代だけで50人に告白してすべてフラれたという桜木花道。不良とはいえ顔もスタイルもいいはずなので、そこまでフラれるわけないだろと思いますよね。

3.黒歴史「フンフンディフェンス」
話が進むごとに本格的なバスケマンガになっていったスラムダンク。初期に桜木が見せた「フンフンディフェンス」は完全なる黒歴史に……。

4.似てなさすぎる赤木兄妹
両親の顔が気になります。

5.原付き4人乗りは無理があるだろ
原付バイクに4人乗りをする桜木軍団。しかもそのうち一人は肥満体型の高宮。絶対走らないだろ……。ってかダメだろ……。

6.わずか4ヶ月のストーリー
高校に入学したところからストーリーが始まり、その年のインターハイで終了。実質4ヶ月で桜木はバスケ上達しすぎでは。

7.足が大きくなりすぎた桜木
4ヶ月の間に靴が破けるほど足が大きく成長した桜木。さすがに成長のペースが異常すぎでは……。

8.数秒間で大逆転が起こりすぎ
バスケットはサッカーと異なりプレー中以外は時計を止めるので、大逆転は起こりやすいのですが、それにしても……。

9.試合中に会話しすぎ?
バスケの試合を生で見ると、とてもあんなに会話できるとは思えません!

10.ダンクシュート決める高校生多すぎ
そもそも高校のバスケでダンクシュートなんて異次元……?とにかくすごい。

11.メガネくんに号泣させられる
陵南戦のスリーポイントシュートや、数々の名言で読者の心を打ってきたメガネくんこと木暮副キャプテン。メガネくんに最も泣かされたという人は多いのでは。

12.タプタプタプタプ……
桜木が安西先生のアゴをタプタプ。スラムダンク以降、二重あごの人はタプタプされる機会が増えたはず。

13.仙道の髪型
髪の毛全体が天に向かって逆立っている仙道。試合中も一切乱れませんし、セットするのに相当苦労してそう……。

14.アニメの主題歌良すぎ
大黒摩季さん、WANDS、MANISHなど、当時の音楽シーンを思い出せるアーティストが数多く起用されていました。今聴いても胸が熱くなります……!

15.ディフェンスに定評のある池上
陵南高校レギュラーの池上。一体誰から評価されていたのでしょうか。

16.理想の上司すぎる田岡監督
試合後に「敗因はすべて私」と責任を背負い込み、「陵南の選手たちは最高のプレイをした」と選手を称える田岡監督。職場にいたらまさに理想の上司ですね。こんな人の下で部活ができた陵南高校がうらやましい。

17.彦一「要チェックや」
陵南高校の彦一の口癖。真似した人も多いのでは。覚えてないという人は「要チェックや」。

18.対戦せずに終わったインターハイの強豪校
インターハイ編で後の対戦相手のように登場した名朋工業高校、愛和学院高校、大栄学園高校などとは結局対戦することなく終了。一体何だったのでしょうか……。

19.山王戦の次戦にウソのようにボロ負け
最強の高校を倒し、そのまま優勝まで勝ち進むのかと思いきや、次戦でウソのようにボロ負け。この展開は衝撃的でした。

20.実は仲良くなった流川と桜木
最初は本気で毛嫌いし合っていた桜木と流川ですが、終盤には「ケンカするほど仲がいい」を地で行く関係になっていたのではなかろうか。

21.なんとか続編を描いてほしい!
1年の夏で完結しているため、桜木が2年生、3年生になったストーリーも描くことはできるはず……!いつか続編を読みたいというのはファンの総意です!井上先生!オネシャッス!


スラムダンク誕生から30周年

『スラムダンク』が週刊少年ジャンプで連載スタートとなったのは1990年のこと。続編はないかなと思いながらも、やっぱり期待してしまうのがファンの心理。安西先生の名言「諦めたらそこで試合終了ですよ」を胸に、スペシャルなことが起きることを祈り続けたいですね。

WRITER

  • 毬藻練子 (まりもねっこ)
  •        

  • 執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ