なんでモテないの!? “3高”スペックの意外過ぎる男性芸能人たち

まいじつ

2019/3/3 10:56

山里亮太 
(C)まいじつ

昔からモテる男の条件として〝3高〟が挙げられていた。3高とは「高身長・高学歴・高収入」のこと。現代では価値観が変わりつつあるが、それでも3高の男性がモテることは間違いない。芸能界にも意外な3高持ち男性が多数いる。

代表的なのはお笑いコンビ『アンガールズ』田中卓志だ。田中といえば〝キモい芸人〟の代表格で、2016年の「結婚したくない男ランキング」では、当時〝ゲス不倫〟で国民の嫌われ者になっていた川谷絵音をも抑えて1位になったほど。(川谷は2位)

しかし田中は188センチ、広島大学工学部卒業、貯金1億円超えの紛れもない〝3高〟だ。

「田中さんはキモキャラとしてテレビに出ていますが、裏ではとても紳士的。しかも、売れっ子のベテラン芸人にもかかわらず、仕事で手を抜くこともありません。きっと結婚できないのは、理想がかなり高いからではないでしょうか。まあ実際、田中さんのスペックに釣り合うのは人気女優クラスだと思いますよ」(テレビ局AD)

田中と同じくキモキャラで売っている『南海キャンディーズ』山里亮太も実は3高。相方のしずちゃんが大き過ぎて分からないが、山里も178センチと高身長。名門、関西大学の教育学科を卒業しており、収入に関しては言わずもがな。レギュラー番組を複数抱えている売れっ子で、推定年収は億近いという。

結局「顔」なのか!?


他にも芸人界では、身長177センチ、慶應義塾大学経済学部、そして夕方の帯番組のMCであるふかわりょうも3高に十分当てはまるだろう。

「文学界では、芥川賞作家の羽田圭介氏も3高ですね。彼の身長は意外にも180センチとかなり高く、学歴は明治大学卒。作家として活躍する傍ら、テレビ番組のレギュラーも持っているなど財力も抜群です」(芸能記者)

俳優界では、身長178センチで横浜国立大学中退の西島秀俊、身長182センチで神戸大学卒業の佐々木蔵之介、身長189センチで中央大学卒業の阿部寛などが3高な上にイケメンだ。

3高の俳優はモテるのに芸人はまるでモテないところを見ると、やっぱり〝顔〟もそれなりに大事なのだろう。

【あわせて読みたい記事ランキング】

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ