さすが志村けん!懲りない“お色気コント”「パンツ解禁」に拍手喝采

まいじつ

2019/3/3 10:57

志村けん 
(C)まいじつ

2月27日放送の『志村けんのだいじょうぶだぁ 春一番爆笑スペシャル』(フジテレビ系)が、ネット上で「安定のエロさ」「ゴールデンで大丈夫か?」と話題になった。

現在、不定期で放送されている同番組は、『志村けんのバカ殿様』と並ぶ志村の代表的コント特番。志村お得意の下ネタやお約束のギャグが満載な他、お色気シーンの多さも特筆モノとなっている。

しかし、去る1月9日に放送された「バカ殿」の新春スペシャルでは、番組内のお色気シーンに批判が噴出。志村扮するバカ殿が水着女性の上に寝そべり、上から別の女性が覆いかぶさる〝肉布団〟が、「気持ち悪い」「時代錯誤」などと物議を醸してしまった。

そんな〝肉布団批判〟が記憶に新しかったため、視聴者の間で「さすがにエロ自粛か」「いや志村なら貫いてくれる」などと、いつもより注目を浴びていた今回の『だいじょうぶだぁ』。フタを開けると、そこにはいつも通りのお色気シーンが待っていたのだった。

下着姿の女性が続々登場


番組は中盤に、タレントの小島瑠璃子と志村が夫婦役で出演するコント『グズグズ言うな』を放送。妻役の小島が志村の浮気を疑い始めると、クローゼットからはスケスケランジェリーに身を包んだグラビアアイドル・夏目花実が登場した。

家に浮気相手が潜んでいるコントは番組ラストにも放送され、床下の収納からはまたも下着姿の女性が登場。この女性は夏目よりもリアル感のある下着を身に着けており、パンツは若干食い込み気味という大サービスのワンシーンとなっていた。

相変わらずの番組進行に、視聴者も、

《えろいのキター》
《スケスケやないか》
《エロいパンツはいてるなぁ》
《最後のやつリアルでマジエロかった…》
《よくこんなの許可したなフジw》
《やっぱこうでないとな》

と大興奮。〝肉布団〟ほどのインパクトはないものの、志村の変わらぬスタイルに安堵したようだ。

古典的なスタイルで笑いを取る志村だが、地上波から〝エロ〟が消えた今では逆に目新しいと言えるかもしれない。

【あわせて読みたい記事ランキング】

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ