広瀬アリス「幸せです!」初めて映画館で観た『ドラえもん』への出演に感慨深げ

人気アニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)の劇場版『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の初日舞台あいさつが2日、都内で行われ、ゲスト声優を務めた広瀬アリス、柳楽優弥、高橋茂雄(サバンナ)、中岡創一(ロッチ)、脚本を担当した辻村深月、主題歌を担当した平井大、本作のメガホンをとった八鍬新之介監督が登壇した。

シリーズ39作目となる本作は、シリーズ初の月を舞台に、のび太たちが月の裏側にウサギ王国を作ろうと奔走するさまが描かれている。壇上では、39作目に絡めて「サンキュー」で感謝していることを登壇者が明かす、というトークが行われたが、広瀬は「この作品に参加させていただいたことに感謝です。本当に嬉しくて。小さい頃からずっと見ていましたし、はじめて映画館で観た映画が『ドラえもん』。幸せです」と感慨深げに語った。

柳楽も「応援してくださる方にサンキューの気持ち」とスピーチ。「映画は、社会派ものみたいな作品に出演することが多い中、大好きな『ドラえもん』に参加できて感謝です」と述べ、「この『ドラえもん』のおかげで、先日『徹子の部屋』にも久しぶりに出ることができました。(黒柳)徹子さんとも、『徹子の部屋』にドラえもんが来たことがあるという話題で盛上がることができたんです」と紹介した。

高橋は、同シリーズ3作続けてのゲスト声優となったが、「3年連続ということにめちゃくちゃサンキュー」と満面の笑み。「去年の映画の舞台あいさつの時にスネ夫が“次も出たいですよね”って言ってきて、“パパに言っておいてあげる”って声をかけてくれたんですけど、本当に出れた」とスネ夫の発言力の強さをユーモアたっぷりに強調し、スネ夫がこの日も「また言っておきます」とこれに返答すると、「4作目は堅いですね。来年出れたらスネ夫のおかげだと思ってください」と話して会場を笑わせた。

中岡も「普段は激しい仕事をしているんですけど、今回は声優をちょこっとやらせてもらえました。決まった時が一番嬉しいと思っていたら、完成した時が一番嬉しかった。参加できて光栄です」としみじみ。「世の中、サンキューだらけ。参加させてもらえたのもそう。この映画の関連でNASAに取材にも行けた。一番ついていたのはロケで本物のホンヤクコンニャクを食べれたこと」と嬉しそうに回想。本作に参加できた感謝の気持ちを述べていた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ