少年院上がりアイドル・戦慄かなの、執拗なストーカーに「気がおかしくなりそう」

しらべぇ

2019/2/28 20:00

(画像は戦慄かなのツイッターのスクリーンショット)
アイドルグループ「ZOC」のメンバーとして活躍中の戦慄かなのが、執拗なストーキング行為を受けていることを明かし、ファンからは心配の声が挙がっている。

■高校時代に少年院へ


現在21歳の戦慄かなのは、幼少の頃から小中学生のころまで、両親の離婚や母親のネグレクトを受けて育った。さらに、高校2年生の頃からおよそ2年間もの間、少年院に入っていた…という異色の経歴を持つアイドルだ。

少年院に送致された詳細は明らかになっていないが、かつてテレビ番組で「ちょっとブラックなビジネスをしておりました」と話し「東京で流行っている悪い詐欺」が理由のようだ。

■NPO法人代表理事の活動も


昨年に開催された「講談社」主催のオーディション「ミスiD2018」でサバイバル賞を受賞し、アイドルグループ「ZOC」のメンバーとして活動している。

そのほか、実の妹である「頓知気さきな」と姉妹アイドルユニット「femme fatale(ファムファタール)」での活動、育児放棄や児童虐待問題に取り組むNPO法人「bae -ベイ-」の代表理事としての活動も行っている。

■「気がおかしくなりそう」


多忙な日々を送っている戦慄だが、26日に自身のツイッターを更新し、講談社に戦慄宛の脅迫文のような手紙が届いたこと、ここ最近ストーカーから「嫌がらせされまっくている」と明かしている。





戦慄の居場所や「なんでそんなこと知ってんの」と思うような内容をダイレクトメッセージなどで連絡してくるようだ。ブロックしても別のアカウントを作成してDMを送ってくるといい、相手の執拗な行為には「ほんとに気がおかしくなりそう」と悲痛な思いを綴っている。

■「盗聴やGPS」「警察へ」


「何回も何回も後ろ振り向いて確認してる」と身の危険も感じ、「誰かに殺されるくらいなら自分で死にたいなと本気で思う」との書き込みにはファンから心配の声と身を守るための対策を勧めるコメントが多数寄せられている。

「DMのブロックだけじゃ怖いよ…。身の回りに盗聴器が仕込まれてないか、プロに確認してもらったほうがいい」

「警察に被害届出しているのかな。精神的に壊れちゃう前にちゃんとした対策を取ったほうがいい」

「何かあってからじゃ遅いから…。盗聴やGPSの可能性もあるよ。部屋や携帯、身に着けてるものを調べてもらって。そして警察に行って」

■ストーカーまがいの行為をした経験は?


しらべぇ編集部では、全国20代~60代の男女1,378名を対象に「ストーカー」について調査を実施。「ストーカーと思われてもおかしくない行為をしたことがある」と回答したのは、全体で12.0%。性別で見てみると男性のほうが少し高い割合であることが判明した。



自覚のある人以外にも、相手に苦痛を与えていることもあるかもしれない。今回のように、明らかに執拗な嫌がらせ行為を受けた側は自身の心をすり減らす前に、警察への相談や被害届など、対策を取って身を守ってほしい。

・合わせて読みたい→【松澤千晶のアニメめくるめく世界】BL、それはボーイズライフ …今夏アニメの見所

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ