『温泉へ行こう』の加藤貴子の変わらぬ温泉愛『さすらい温泉』番組史上初! 生尻にピントが合う

日刊サイゾー

2019/2/27 22:30


 遠藤憲一が役者を引退する決意で派遣の仲居になり、各地で出会った人々のために一肌脱ぐ。そんなパラレルワールドを見せてくれるドキュメンタリー風の人情温泉ドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』(テレビ東京系)。

第6話となる今回は、あの懐かしの昼ドラ『温泉へ行こう』(TBS系)の加藤貴子が登場。振り返ります。

(前回までのレビューはこちらから)


■「草津」以来の湯もみが炸裂


 今回、遠藤憲一こと「健さん」が訪れたのは箱根。彼は派遣仲居の際は「中井田健一」と名乗っている。

「強羅温泉 天翠茶寮」に派遣され、働き出すのだが、今までの「しなびた温泉宿」とは違い、まだできて間もないここは観光に特化したホテルといった感じの宿で、そのためか健さんの働く姿はいつもの半纏姿ではなくスーツ。新鮮だ。

そんな小洒落た宿で出会った今回のマドンナは、かなりモンスタークレーマーなお客様・加納多香子(加藤貴子)。

お風呂のお湯が42度と適温なのに「私には熱いの」と、すごい剣幕で従業員を罵倒し、水で薄めずに温度を下げろと困らせる。

支配人や従業員が困り果てたところに颯爽と現れ、見事「湯もみ」を披露し温度を予告通り2度下げる健さん。

第1話の草津でも見せていた湯もみだが、ここは露天の内湯がある客室で、しかもクレームで呼ばれて来てるのに、草津の誰もいない浴場のように響き渡る大声で「箱根の山は~」と歌いあげる健さん。迷惑だ。

しかし、この健さんの対応が気に入ったのか、「あなた、名前は?」「覚えておくわ」と、まんざらでもない笑顔を見せ、その場でバスローブを脱ぎ捨て入浴し始めるさらに豪胆な加納。

只者ではない雰囲気の加納だが、実は女優の朝比奈葉子で、他の人間は誰も気づいてない、というかそもそも知らないようだ。

しかし、彼女のドラマの大ファンだったという健さんだけは気づいて大喜び。持参したDVDのチラシ(?)のような印刷物にサインを求める。

普段、クレームばかり言ってるらしき加納もうれしそう。

■温泉愛をちらつかせる加藤


 加藤貴子といえば、なんと言っても代表作は20年前主演した昼ドラ『温泉へ行こう』。温泉宿で奮闘する若女将を演じ、シリーズもパート5まで作られたり、番外編もドラマ化されたりと人気を博した。

今回「温泉ドラマの大先輩」としてキャスティングされてるのは明らかで、スタッフの遊び心が見える。

そういえば最初、風呂が熱いとケチをつけた時も、水で埋めようとする従業員に対し、「そんなことしたら、せっかくの温泉が台無しになるじゃない?」と、「温泉愛」的なものをチラつかせていた。

もしかしたら純粋なクレームだったのかもしれないが、『温泉へ行こう』の下地があるから、それっぽく聞こえた。

かつてドラマに出ていたという設定もリアルな加藤貴子を思い起こさせるし、朝比奈葉子という名前も『温泉へ行こう』の時の役名・椎名薫に似ていなくもない。無理矢理勘ぐっている部分は間違いなくあるが、どうしてもそう関連づけたくなる。

その加納の出ていたドラマが『俺たちのタスキ』という駅伝ものなのは、間違いなく今回が箱根だからで、これを温泉ものにしてしまうと、物語的にややこしくなるので、箱根を使った遊びとして駅伝ものにしたのではないだろうか。

結婚、出産を経て、少し仕事をセーブしている印象の加藤だが、あの鼻にかかるようなハツラツとした声は健在で、懐かしさを覚えた視聴者も多いだろう。

実は、妻子持ちの男と別れるため、最後の夜を思い出の部屋で過ごそうと来ていた加納だが、どうやらすっぽかされたようで、いまいち元気がない。

さらに女優を辞めかけているらしき加納を励ますため、健さんはマラソンランナーのユニフォームに身を包む。

もし自分が芦ノ湖まで走れたら、これからも女優を続けてほしいと無理矢理約束をとりつける健さん。

もちろん、ユニフォームはなんでも出てくる例の四次元トランクから引っ張り出したもの。

今までで一番「普通の」衣装かもしれないが、それでもユニフォームを前もって持参してるのはやはりおかしい。

フラフラになりながら何とかゴールし、思いのこもった「タスキ」を加納に渡す健さん。

健さんを抱きしめながら「泣いてないわよ、女優の涙は信じちゃダメなのよ」と笑う加納は、吹っ切れたようにいい顔をしていた。

■ボカシ無しの生尻


 見事な走りを見せてくれた健さんだが、走っている最中、前日にたまたま見てしまった仲居の絵里香(七海なな)の尻を思い出しながら走っていた。

なぜあそこで思い出す必要があったのかはわからないが、わざわざ回想シーンを入れてまで、思い出していた。

加納が知ったら、きっと不快な顔をするし、なんならその勢いでそのまま女優を引退していただろうが、とりあえず危機一髪だ。

これは、掃除をしに来た健さんが間違って絵里香が入浴中の風呂に入ってしまったことから起きた「事故」ではあるのだが、悲鳴をあげる絵里香に対し、「見てません、何もー!」と釈明しつつ、その直後に「いいケツしてんなあ」とハッキリつぶやいていたので、決して反省はしていないものと思われる。

あまりに「いいケツ」の台詞を自然に言うもんだから(アドリブ?)、カメラだかスタッフだかの笑う息が漏れていたような気もするのだが、それくらい「見てんじゃねーか!」と自然にツッコミたくなる、いいシーンだった。

ちなみに絵里香を演じた七海はAV出身で『ふたりエッチ』のヒロインなども演じている女優。

以前、ピントをボカしつつの尻出し入浴シーンの際に「久しぶりに地上波で生尻を見た」と書いたが(第3話)、今回はフォーカスがぴたりとあった中での生尻。

しかも、尻を拝みやすいようにわざわざ意味なく風呂桶から立たせて「ヤッホー」とか叫ばせるセクハラ演出。

そのかいあって、シリーズ最大の衝撃シーンとなった。ありがとうございました。

次回は、南熱海にて、酒井若菜と嶋田久作がゲスト。どんな化学反応を見せるのか楽しみだ。
(文=柿田太郎)

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ