アンジェリーナ・ジョリー、6人の子供全員連れてプレミア出席

昨年12月にブラッド・ピットとの親権問題で合意に達したアンジェリーナ・ジョリー。現在はシングルマザーとして6人の子供を育てるアンジェリーナが、このほど子供ら全員を連れてニューヨークで行われた映画『The Boy Who Harnessed The Wind』(原題、2019年3月1日Netflixで公開)の特別上映会に出席した。

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットは養子として迎えたマドックスくん(17)、パックスくん(15)、ザハラさん(14)、実子シャイロさん(12)、同じく実子で双子のヴィヴィアンちゃんとノックスくん(10)を長年一緒に育て、2014年に結婚した。しかしアンジェリーナが2016年9月に離婚を申請。発端はプライベートジェット機内で発生したブラッドとマドックスくんの親子喧嘩だったと言われている。その後は親権を巡って協議が行われていたが、昨年12月に親権問題に決着がついたとアンジェリーナの弁護士が発表していた。

そんなアンジェリーナ・ジョリーが現地時間25日、6人の子供全員を連れて映画『The Boy Who Harnessed The Wind』の特別上映会に出席した。この映画はアフリカのマラウイが舞台で、13歳の男の子が貧困の人々を救うため風の力で発電する風力タービンを作るという実話がもとになっている。

実はアンジェリーナの子供たちが全員揃って公のイベントに出席するのは、かなり稀なことだ。2017年にアンジェリーナ自身が監督を務めた映画『最初に父が殺された』のプレミアに子供全員を連れてきたが、それ以降しばらくは子供たち全員を伴ってイベントに出席することはなかった。

昨年1月は、娘ザハラさんとシャイロさんを連れて授賞式「ナショナル・ボード・オブ・レビュー・アワード・ガラ」に出席。現地時間21日にはマドックスくん、パックスくん、ザハラさん、シャイロさんを連れて、フランス人アーティスト、プリュンヌ・ヌーリー(Prune Nourry)のドキュメンタリー映画『Serendipity』のニューヨークプレミアに出席したばかりだが、いずれも子供たち6人全員揃っての登場ではなかった。

この日のイベント当日、アンジェリーナは黒のロングコートを羽織り、マドックスくん、パックスくん、シャイロさん、マックスくんはパンツスタイルにジャケットを合わせ、ヴィヴィアンちゃんもパンツにシャツを合わせたボーイッシュなスタイルであった。ザハラさんは黒のワンピースを着用している。

以前からシャイロさんがボーイッシュであることが話題になってきたが、アンジェリーナ・ジョリーは2010年に「彼女は魅力的よ。自分で選択していてね。私は子供が望むことをさせないで、別の何かを強要するような親ではないの。それはダメな子育てよ」「子供達は自分たちが思うように何でも表現できるべき。誰からも評価されることなくね。だって、(自由に自分を表現することは)成長において重要なことだから」と語っていた。

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの子供たちはすくすくと成長しているもよう。2人の子供とあって、将来どんな道へと進んでいくのか期待は大きい。17歳の長男マドックスくんに関しては、昨年11月に韓国の大学へ留学を考えているとも報じられた。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ