中居正広、椿鬼奴の夫に対する不満に名言炸裂!? サンド伊達も感動

※画像は、椿鬼奴さん公式Instagram より

2月25日放送の『中居くん決めて!』(TBS系)では、MCの中居正広が、結婚4年目の椿鬼奴から「“汚い”の感覚が違う夫への不満」を打ち明けられ、中居らしい名言を織り交ぜながら真剣に回答する場面が見られた。

中居正広「夫に言い続けた方が良い」その訳とは!?

「“汚い”感覚が違う夫に注意し続けた方がいいか?諦めた方がいいか?」を中居に決めてもらいたいという椿。夫のグランジ・佐藤大は、床に置いたりして汚れたカバンを机の上に乗せたり、床に落ちたものを平気で食べたりするという。さらにサンダルがあるにも関わらず裸足でベランダに出て戻ったり、足が雨でずぶ濡れになっても自ら風呂場に行こうとしないのだとか。結婚してから約1400回は注意してきたという椿に、中居は「言われる方も結構ストレスだけど、言う方もストレスですもんね」と同情。

そして中居は「やはり言い続けた方が良いんではないでしょうか」とアンサーを出し「まあワンちゃんだったらリード持ってこういう風に(繋いで)やっとかないと、何のルールもない中、何の掟もない中よりも、その掟の中、そのルールの中、その組織の中で、やっぱり何か人間の高みに行けるんじゃないかなと思いますし」と持論を展開。

さらに「“すり減る”って言葉はあるけど“すり増し”ってのは無いんですよ」と名言を放つと「だから結局、すり合わせる(関わる)ってことは、お互い(何かしらが)減ってしまうんですよね。すり増しって言葉が無いので。でも、すり減らす(関わる)ことによって、お互いの絆みたいなのが、どんどんどんどん大きくなるんじゃないかなと思います」と真剣な表情で力説。最後に「すり減った人間同士じゃないと分からないことってあると思います」と椿に語り掛けると、サンドウィッチマンの伊達みきおも「すごくいい話ですよ」と感動。

これに小島瑠璃子は「和尚さん?」と、まるで仏教の教えを説き聞かせる“説法”のようだとつぶやきスタジオ陣を笑わせた。そして中居はというと、たまたまグレーの着物を着ていたこともあり、小島の感想に苦笑いしていた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ