ライアン・レイノルズ 「ピカチュウと同じ身長で1年暮らした」 ハリウッド版『ポケモン』PR動画が話題

ハリウッドでは現在、日本の人気アニメ『ポケットモンスター』のピカチュウが主役の実写映画『名探偵ピカチュウ』(2019年5月公開)の制作が進められている。ピカチュウの声を担当するのはライアン・レイノルズ。このほどそのライアンが、役作りについて語るおもしろ動画が公開された。今回の映像にはライアンの妻ブレイク・ライブリーも出演している。

ハリウッド実写版『名探偵ピカチュウ』はニンテンドー3DSのゲームをもとに制作されており、父親を誘拐された10代の青年ティムが“名探偵ピカチュウ”とチームを組んで、一緒に捜索するというストーリーだ。ピカチュウの声は独特のユーモアを持つライアン・レイノルズが、ティム役を『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)にフランクリン・ウェブ役で出演したジャスティス・スミスが演じる。今作には渡辺謙も出演している。

そしてこのほど、ライアン・レイノルズがピカチュウの役作りについて語る動画が公開された。米人気トーク番組『アクターズ・スタジオ・インタビュー(Inside the Actors Studio)』を模した「Outside the Actors Studio」というテロップからスタートするこの動画、妻ブレイク・ライブリーが証言するインタビュー風映像も含まれていた。

動画の中でライアンは、1年間は家族も忘れてピカチュウになりきる生活を行い、役作りを徹底していたと語り始めた。

「そいつ(ピカチュウ)になりきったし…そうやって生活していた…僕はキャラクターになったんだ。そう、僕は名探偵ピカチュウになりきって1年過ごしたよ。」

「みんな知ってると思うけど、僕は役になりきっちゃうところがあるんだ。おもしろいエピソードがあるよ。この役をもらったって聞いた時、ちょうど娘たちを学校に迎えに行くところだったんだ。でも、僕は学校に行かなかったのさ。だって、名探偵ピカチュウは娘たちのことを知らないだろう。『あの子たちは誰?』ってね。」

これに対し、ブレイクは「あの子たちは私たちの娘よ。彼はあの子たちを置いて行っちゃったんだから」と迷惑そうに話している。

さらにライアンは「彼に妻なんていないんだ。彼は小さな黄色いヤツなんだよ」と述べ、ライアンがモンスターボールを持っている写真、ピカチュウの本を読む姿、ピカチュウの身長に合わせるためにうつ伏せになって生活している写真が流れる中で、「僕は完全にポケモンの世界に入り込んだんだ。ピカチュウについて読んだし、彼と同じ身長で暮らしたし、医者に止められるまで彼の体重になるために182ポンド(約82.5kg)減量したさ」と語ると、ブレイクが「っていうか、彼は声すら変えてなかったわ。彼そのものだったわよ」と一蹴した。

最後にライアンは、あまりにも役に入り込んでしまったがゆえに元の父親には戻れなくなってしまったと証言。「ポイントなのは娘たちがもうパパを見ることはないかもしれないってことだね。でも夏に、娘たちが大きなスクリーンを見上げて、名探偵ピカチュウを見ることになるよ」と満足気に話すと、ブレイクが「はははは。観に行かないわ」とこれまた絶妙なツッコミを見せた。

もちろんこれらは全て、ライアン・レイノルズとブレイク・ライブリー夫妻のジョーク動画。ライアンらしい方法での映画のプロモーションとなったようだ。なお、現地時間26日には『名探偵ピカチュウ』の予告編第二弾が公開され、ファンはますます公開を楽しみにしているもようだ。

画像は『Ryan Reynolds 2018年12月30日付Instagram「Pika-dots. #DetectivePikachu」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ