オードリー若林が“泣かされた”先輩芸人の言葉を明かす

E-TALENTBANK

2019/2/28 07:10


26日、フジテレビ系『セブンルール』に出演したオードリーの若林正恭が過去について語った。

オードリー若林、元恋人と遭遇したエピソード「ATMで20万ぐらい…」

番組のエンディングトークでYOUに「若林さん、“食えない”とかあったんですか?」と若手時代について話を振られると若林は「食えないはありましたけど、オーディションとかも『どうせ落ちんだろ』って思って行ってたし」と芸人として売れていなかった頃を振り返った。

さらに「オーディションですごい怒られてて、『何なのソレゆっくり歩いてきて』とか」と芸風について怒られることも多かったと話し、「『うるせぇうるせぇうるせぇ』と思っててその時」と当時の気持ちを明かし笑いを誘った。

しかし、「そしたらなんか渡辺正行さんが、『いや、これはM-1の決勝行けるよ』って言われて」と渡辺が言葉をかけて来たとして、「俺原付でフルフェイスで泣きながら帰って、泣いてるから蒸気で曇って電柱にぶつかりそうになって死にそうになったんですよ」と語りスタジオは笑いに包まれた

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ