「貴重」「涙が止まらない」 志茂田景樹が公開した『1通のハガキ』に反響

grape

作家であり、タレントの志茂田景樹さんが、2019年2月24日に自身のTwitterを更新。

74年前に兄からもらった1通のハガキを公開し、注目を集めています。

志茂田景樹が、74年前に戦死した兄からもらったハガキ

当時、5歳だったという志茂田さん。出征前だった20歳の兄が、結露により文字が書けるようになっていたガラス窓を使い、カタカナを教えてくれたといいます。

その後、戦地へおもむいた兄に、教わったカタカナを使ってハガキを書いたところ、次のような返事がきました。

忠男、兄チャンハ忠男ノ書イたジヲミマシタヨ。

兄チャンハ マンシュウヘクルトキ オサケヲノミスギテ ヨッテ忠男ニ ケイレイヲシタネ。

忠男ハ ヒカウキノリニ ナリナサイ。マンシュウヘ キタイトイッタネ。

忠男ガ ゲンキデベンキャウヲシテイルノデ 兄チャンハウレシイデス。

テキノヒカウキハ マイニチキテヰルデセウネ。

忠男、ハヤクヘイタイサンニナッテ テキノ(飛行機の絵)ヲ オトシナサイ。

オトウサンヤ オカアサンノイフコトヲ ヨクキキナサイ。

デハマタ テガミヲクダサイ。サヨウナラ。

忠男ノ兄チャンヨリ
@kagekineko ーより引用弟である志茂田さんのことを『忠男』と呼び、飛行機乗りになってほしいと望んでいた兄。志茂田さんに両親のいうことを聞くようさとし、「また手紙をください」と呼びかけています。

戦死した兄が遺した1通のハガキを見るたびに、志茂田さんは兄と心が1つになれたような心地がするというのです。

ネット上では、志茂田さんの投稿に対し、さまざまなコメントが寄せられています。

・素敵なハガキですね。美しい字から、弟への深い愛情が伝わってきます。

・20歳の息子を持つ母親です。ハガキから当時の状況を想像し、涙が止まらなくなりました。

・自分が教えたカタカナで書かれた手紙が届いた時、お兄さんはどんなに戦地で心を癒されたことでしょう。

・覚えている人がいる限り、亡くなった人は心の中で生き続けるということを実感しました。

74年の時を経ても、なお志茂田さんの心に息づく兄との思い出。

「これが生きるということなのか」という志茂田さんのつぶやきは、命にいずれ終わりがきても、誰かの心の中で生き続けることもあるということを、多くの人に教えています。


[文・構成/grape編集部]

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ