ダニエル・ラドクリフ 周囲の視線を忘れるため 「泥酔するしかなかった」

映画『ハリー・ポッター』シリーズで世界的なスターとなったダニエル・ラドクリフ(29)。まだ10代だった2001年から2011年まで10年にわたり主人公ハリーを演じてきたダニエルだけに、若くして得た名声と葛藤するのも無理はない。このほどダニエルが、当時の心境と荒れた生活、そしてそこからどのようにして立ち直ったのかについて率直に語った。

ダニエル・ラドクリフは映画『ハリー・ポッターと賢者の石』で主人公のハリー・ポッター役に抜擢され、世界的に有名となった。人気シリーズ全8作で主役を演じたダニエルだけに、彼を知らない人は少ないだろう。巨額の富と名声を得た一方で、プライバシーがなくなることになったダニエル。10代後半にはどこに行っても注目されることで、大きな葛藤を抱えていたことをテレビ番組『Off Camera with Sam Jones』でこのように語った。

「バーに行ったり、パブに行ったりすると『見られている』って感じるんだ。僕はそれをすぐに忘れるために泥酔するって方法で対処していた。でも泥酔するとさらに『もっと人が僕のことを見てる』って。だから、酔っぱらわなくちゃって感じだった。(僕への視線を)無視するためにもっと飲んだ方がいいってね。」

ダニエル・ラドクリフは「有名人はいつも幸せそうにしているべき」という周りからのプレッシャーを感じていたため、悲しい気持ちになると「自分は有名人としては失格なのではないか」と悩んだとのこと。また、俳優というものは「クレイジーでクールな酔っ払いでなくてはいけない」というイメージにもとらわれ、2012年にアルコールをやめるのに何年もかかったという。

「自分の人生のある時期に周りにいてくれた人たちがとても素晴らしかったんだ。僕は本当にラッキーだった。俳優もいたし、そうでない人もいたけど、僕は自分の人生において本当に大切な人々に出会ったんだ。彼らは素晴らしいアドバイスをくれて、僕のことを本当に思ってくれていたよ。」

「(断酒は)結局、自分の決断だった。ある朝起きて、『これ(アルコールに頼るの)はよくない』って思ったんだ。」

さらにダニエル・ラドクリフは、自身の経験からジャスティン・ビーバーが過去に荒れていた時期に同情していたとも語っている。

「ジャスティン・ビーバーが(酒を飲みながら)車で競争した時とか、僕はいつも『本当のことは分からないよ。今、彼はすごくクレイジーな状況にいるのかもしれない』って思っていたね。」

「一番辛い時でも僕はいつも仕事が大好きで、撮影に行くのが大好きだった。」

「現場で自分の問題が影響することはなかったよ。『こんなこと起きなければよかったのに。ハリー・ポッターじゃなければよかったのに』って思ったことなんて一度もないんだ。」

子役として大成し、その後人生を転落していく元・人気子役は数知れない。ダニエル・ラドクリフも大人の俳優になる過程において名声に戸惑っていたのだ。しかしこの発言を聞く限り、ダニエルは周囲に彼を正しい道に導く人々に恵まれていたよう。そしてどのような時でも役者という仕事を愛し、こうして過去を冷静に振り返り現在に至るのだ。いまだダニエル・ラドクリフと言えば「ハリー・ポッター」と思う人が多いだろうが、彼が新たな代名詞となる役を得るのもそう通り未来ではあるまい。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ