妊娠と不安障害で生活苦を訴えた18歳カップル 食料を寄付されるも「妊娠は嘘」か(英)

世の中には他人の親切を利用したり、思いやる気持ちを平気で踏みにじる人が存在する。このほどイギリスに住む10代カップルが「妊娠」を理由に生活苦を訴えたところ、世間の同情を引き、多くの食料が寄付された。しかしこのカップルに「妊娠は嘘」という疑惑が持ち上がり、見知らぬ人々の親切を利用しただけの行為だったのではと『Metro』などが報じている。

リジー・メイソンさん(18歳)とトランスジェンダーの恋人ジェイディン・オーバーバリーさん(18歳)は、ウスターシャー州ウスターにあるホームレスのための宿泊施設を4か月前に出て、バーミンガムへとやって来た。その後はハウスシェアをしているが、日々の暮らしに困窮していることをFacebookに投稿した。

ジェイディンさんは「不安障害以外に肺や呼吸に問題を抱えていて、階段の上り下りでさえも困難な状態で、以前していたスーパーでの棚整理の仕事をするには不適切と医師から診断された。今は休職中だが、妊娠4週になるリジーのためにも食料を手に入れなければならない。ベネフィット(生活保護手当)は月に230ポンド(約33,200円)しか支払われず、家賃や安い食料、電話代、病院へ通う交通費などにあっという間に消えてしまう。3日間、何も塗らないトーストを食べ続けているが、妊娠しているリジーのためにもこのような状態で過ごさせたくない。食料を買うお金がなくて本当に困っている。助けてもらえないか」と綴って地域住民に呼びかけたところ、彼らに同情した多くの人々から卵やチーズ、バター、パンやフルーツ、ベーコン、その他日持ちする缶詰など、少なくとも2か月間は過ごせるだけの食料が寄付された。また、フードバンクの利用法や、食べ物のバウチャーを手に入れる方法などのアドバイスも寄せられ、カップルはメディアで喜びを露わにしていた。

ところがその後、ある疑惑が浮上した。メディアで2人のことが報じられた後に、リジーさんがFacebookの精子バンクグループアカウントで2月25日までに精子提供をしてくれる人を求める投稿をしていたことが発覚し、「リジーさんの妊娠は嘘ではないか」という情報がメディアに寄せられたのだ。リジーさんはその投稿でこのように綴っている。

「茶色もしくは青い目、そして茶色かブロンドヘアのドナーを探しています。私のパートナーはトランスジェンダーなので、私たちに自然妊娠は無理なのです。私の今月の排卵ピークは25日なので、私たちの『親になりたい』という夢を叶える手助けをしてくれる、信頼できる本物のドナーを求めています。」

この投稿には、数人の男性がオファーをしていたようだが、突然リジーさんのアカウントが削除されてしまった。2月17日、リジーさんはこのメッセージをFacebookに投稿したことをメディアの取材で否定したが、後に「将来、子供にきょうだいをと考えて投稿した」と話したという。しかしこのタイミングで、その説明はどうにも辻褄が合わない。リジーさんが精子バンクアカウントに投稿したことをメディアに伝えた情報提供者は、「妊娠していないにもかかわらず、嘘をついて世間をこんなふうに騙すのは間違っているし、妊娠が嘘という事実がバレないようにするためにドナーを探すのも間違っている」と話している。

ジェイディンさんは取材先のレポーターに「混乱が生じてしまった」と話したが、リジーさんが実際に妊娠しているという証拠を提示することもなかったそうだ。さらにこのコメント以降、2人は取材を拒否している。

このニュースを知った人からは、「そもそも自分たちでさえ食べることが困難なら、なんで妊娠なんかするわけ!?」「食べ物を得るためにそんな嘘をつくなんて最低」「最初にニュースを知った時、なんか怪しいなとは思ったんだよな」といった声があがっている。

画像は『Metro 2019年2月21日付「Teenagers accused of lying about pregnancy to get handouts from neighbours」(Picture: BPM)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ