高橋一生が破局報道から「人気」復活? 年下女優モテも凄まじい

wezzy


 2月22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が発表した「結婚したい男2019」ランキングで、堂々の2位にランクインした高橋一生(ちなみに1位は竹野内豊、3位は堂本剛)。高橋は4月スタートのドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系)に出演することが発表されており、「AK男子(あえて結婚しない男子)」を演じるという。独身だった人気俳優が続々結婚する中、高橋は「最後の砦」の一角、とされている。

昨年の今頃は熱愛報道でファン離れが起きていた高橋一生。高橋は昨年2月、15歳年下の女優・森川葵との熱愛を「FRIDAY」(講談社)にキャッチされた。高橋の自宅マンションに度々森川が訪れており、半同棲中と写真つきで報じられている。ふたりは2016年に共演したドラマ『プリンセスメゾン』(NHK BSプレミアム)で知り合い、翌年から交際に発展したと言われていた。

年の差は大きいが、高橋の朴訥とした存在感や森川の無邪気さから、いやらしい印象は与えなかったこの熱愛報道。アイドルでもない役者同士の交際であり、互いに独身で、おかしいところはなかった。だが、ショックを受けたファンは多かったらしく、ネットで「年下すぎてがっかり」「引いてしまった」等と残念がる声が多く上がっていた。

2017年上半期に大ブレイクしてから続いていた高橋一生ブームは一転、この熱愛スキャンダルで陰りが出てしまったのか、昨年は内容は良いのだがヒットとは言いがたい出演作品が続いた。昨年10月に公開の佐藤建とダブル主演した映画『億男』は興行収入が10億円に届かず、10月クールの主演ドラマ『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)は視聴率が初回から最後まで一桁、最終回は5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

しかし今年1月に、一部スポーツ紙が高橋と森川葵の破局を報じた。記事によれば、互いに多忙ですれ違うようになり、昨年秋頃には別れてしまったという。現金なものだが、このことがファンを呼び戻し「結婚したい男2019」ランキング2位になっている可能性もある。

「ずーっとお仕事一緒にしたかった」川口春奈、幸せな共演
 ただ、現在38歳で芸歴29年のベテランである高橋一生、誰もが認める確かな演技力や、安心感を感じさせる落ち着いた態度などが魅力的に映るのは視聴者だけではない。森川葵も共演したトークバラエティ番組で熱烈にファンアピールをしていた。そしてもう一人、3月1日公開の映画『九月の恋と出会うまで』で共演した川口春奈も、「ずっと共演したい人だった」と憧れを隠さなかった。

まだ撮影中だった昨年2月、『スッキリ』(日本テレビ系)にVTR出演した川口は、同作への思いとして、高橋への熱烈な気持ちを明かしていた。「誰にも言っていなかったんですけど……一生さんと一緒に仕事がしたいって、ずっとマネージャーさんに言い続けていて」「ずーっとお仕事一緒にしたかったので本当に嬉しくて、幸せに思えました」と。

その後、3月25日に川口がInstagramにアップした写真は、高橋一生とカップルに見えるようなツーショット。コメントには、<いっせいさんが(クランク)アップしました。楽しかったなぁ。ほんとにお世話になりました。こんな私を優しく見守ってくれ引っ張ってくれて感謝です>と添えていた。

また、昨年12月にも作品PRのため揃って取材に応じたことをアップし、<難しい質問に答えられずだんまりしてる私をはーちゃんこれはね、って今日もフォローしてくださいました、、いつも感謝。どんだけ優しいんだ!>と感謝を綴っている。公開日が近づき、二人でテレビバラエティなどPRに奔走する今、高橋のファンはまたやきもきしてしまうかもしれない。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ