「キャロル&チューズデイ」主演に島袋美由利&市ノ瀬加那 OP主題歌お披露目の最新PVも公開

アニメハック

2019/2/22 20:30

 テレビアニメ「キャロル&チューズデイ」の制作発表会が2月21日、都内で開催され、メインキャストが明らかになった。キャロル役で「ゆらぎ荘の幽奈さん」の島袋美由利、チューズデイ役で「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の市ノ瀬加那がダブル主演を務めるほか、ガスを大塚明夫、ロディを入野自由、アンジェラを上坂すみれ、タオを神谷浩史、アーティガンを宮野真守が演じる。

ボンズ20周年×フライングドッグ10周年記念作品として制作される同作は、「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎が総監督、「僕のヒーローアカデミア」のボンズがアニメーション制作、カップヌードルのCM「HUNGRY DAYS」シリーズのキャラクターデザインを手がけた漫画家・窪之内英策氏がキャラクター原案を担当。音楽の大半がAIによって生み出されるようになった未来の火星の首都アルバシティを舞台に、働きながらミュージシャンを目指す少女キャロルと、裕福な家庭に生まれながらも、ミュージシャンになりたいという夢を理解してもらえない孤独を抱える少女チューズデイが、ともに音楽を奏でるなかで“大きな波”を起こしていく。2クール作品で、前半の第1部では2人がデビューを果たすまで、後半の第2部ではデビュー後の姿が描かれるという。

制作発表会では、メインキャラクターが集結した第2弾キービジュアルや、最新プロモーションビデオも公開された。PV内では、キャロルとチューズデイをはじめとするメインキャラクターたちの声や、「キャロル&チューズデイ」が歌うオープニング主題歌「Kiss Me」が初披露。「キャロル&チューズデイ」の歌唱は、全世界オーディションを経て選ばれた、ニューヨーク出身のシンガー、Nai Br.XX(ナイ・ブリックス)と、東京出身のシンガーソングライター、Celeina Ann(セレイナ・アン)が担当する。同じく「キャロル&チューズデイ」が歌うエンディング主題歌「Hold Me Now」も含め、主題歌や挿入歌はすべて外国語で歌われる。

また、同作が4月10日深夜12時55分からフジテレビのアニメ枠「+Ultra」ほか(関西テレビ、東海テレビ、テレビ西日本、北海道文化放送、BSフジ)で放送を開始することもわかった。同日にはNetflixで日本先行配信もスタートする。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ