はじこい、イケメン3人が恋のバトルに……順子(深田恭子)羨ましすぎでしょ!

#ドラマに恋して

2019/2/23 06:45

※画像は、『初めて恋をした日に読む話』公式Instagram より

みなさん、ドラマ好きですか?

当連載『#ドラマに恋して』はドラマ好きの方に、感動シーンや共感できるポイント、イケメン俳優の萌え仕草など、みんなが思わずキュンキュンしてしまうシーンをご紹介します。

今回ご紹介するのは、2月19日に放送された”はじこい”こと深田恭子さん主演『初めて恋をした日に読む話』(TBS系、火曜よる10:00、全10話)の第6話です。

『はじこい』ってどんなドラマ?

原作は持田あきさんによる同名漫画。

主人公は、仕事も恋も何もかもうまくいかない残念な鈍感アラサー女子・春見順子(深田恭子さん)。そんなぼんやり生きていた順子の前にタイプの違う3人の男性が現れ、恋が急展開!人生のリベンジなるか……胸キュン必至のラブストーリーです。

毎回、順子を巡る”ユリユリ”こと由利匡平(横浜流星さん)、八雲雅志(永山絢斗さん)、山下一真(中村倫也さん)の3人の男性との絡みが話題になる当作品。果たして第5話ではどうなったのか?

ネタバレ注意!第6話のあらすじは?

第6話ではこうなった

 

順子と山下の関係が気に入らないユリユリは、学校を休んでカフェへ。偶然ユリユリを見かけた雅志は、ユリユリから「好きで好きで、嫌いになりそうなくらい好きです」と意味深な言葉を聞かされ「順子と何かあったってこと?」と気になってしょうがない。そして順子は塾に来たユリユリに「プライベートを見せすぎた」と平謝りし、受験勉強に専念させようとする。また山下をチェックしたい松岡美和(安達祐実さん)は、雅志の気持ちを利用して同窓会を企画させた。

勉強に明け暮れるが過ぎ、終業式を迎えたユリユリは「東大さえ受かれば……言える」と順子への想いを糧に成績を伸ばしていく。

そして同窓会当日、またも雅志との約束をキャンセルしてユリユリに付きっきりになる順子。雅志はガッカリしながらも美和の誘いで山下と共にバーへ行く。そこで雅志は山下から「この前、春見の部屋に泊まった」と聞かされ、思わず山下を殴ってしまう。そんな雅志に山下は「八雲くん男の子じゃん」と笑ったが「でもお前に許可とる筋合いねえよな」と挑戦的。一方その夜順子は、自分の数学レベルではユリユリを合格させることが難しいと悟り、東大専門塾を探すのであった。

翌日学校にアザを作ってきた山下に話しかけるユリユリ。山下に「俺も遊びじゃねえからな春見のこと」と言われたユリユリは「別に悪くねえよ。20年なんもしねえ八雲さんにも、10何年ぶりにフラっと出て来たやつにも、取られるつもりねえから。引っ込んでろ。俺んだよ」とキッパリ。

一方雅志は、塾まで順子を訪ねて行き山下との関係を問いただしていた。雅志に醜態がバレてしまった順子は「雅志にだけは知られたくなかったの……」と嘆く。ただ身内にバレたくないだけの順子だったが、雅志は自分に気があると勘違いしてしまう。

 
そして塾後、順子はユリユリに「本当に(東大)理Ⅲに行くのか」と確認し「何が一番大事?」と問う。早く順子に告白したいユリユリは「2年も3年も待てない。学部は何でもいいから早く合格して春見に話したい事がある」と伝える。そして山下はというと、ずっと順子に無視されたあげく自宅前で待ち伏せ。帰宅してきた順子に真剣な表情で告白するのであった。

翌日、匡平の父・由利菖次郎(鶴見辰吾さん)に会った順子は、その足で東大専門塾『花恵会』へ出向く。菖次郎の口利きで特例入塾が叶い、そこでユリユリ担当の東大理数の百田明菜(高梨臨さん)と対面するのであった。


順子を巡る男たちの熱いバトルが!?

はじこいの見どころと言えば順子を巡る3人の男たち。山下の離婚で大荒れの展開に! 今回はどうなったのか?

ユリユリは?

前回、順子と山下が親密にしているところを目撃。山下のことが気に入らないユリユリだったが、めげずに受験に打ち込む。すべては東大に受かり、順子に告白するために……。ひたむきな表情がたまらない……順子の立場だったらドキドキしちゃいますよね。

「取られるつもりねえから。引っ込んでろ。俺んだよ」

順子を狙う担任の山下に牙をむくユリユリ。直接本人に言ったわけではないけど、イケメン高校生にここまで言われる順子、大逆転すぎるでしょ。羨ましい……。

雅志は?

順子に想いを寄せるが、まったく恋愛対象にならない雅志(いとこですしね)。そして今回も不憫な役回りに……。順子を目的に同窓会を開くも順子はまたまたドタキャン。逆に同窓会の準備で手伝ってもらった後輩の西大井(浜中文一さん)が美和と出会うというオチつき。

しかも、山下の宣戦布告でついに追い詰められた雅志。同窓会では一流商社マンという高スペックでモテモテだったのですが、その描写が虚しい。本当に幸せになってほしい!!

山下は?

今回の山下は、恋のライバルであるユリユリと雅志に順子を狙っていることを直接告げる。そして順子に気持ちをぶつけます。

「毎日お前のことが頭から離れない。会いたいと思う。会うと元気出る。俺、春見のことが好きだ。メシでも飲みでも、春見が話を聞いてほしいというときだけでもいい、俺に会ってくれ。断るな!チャンスくれ」

すごいストレートな告白。山下は元ヤンだけあって言葉遣いは悪いけど、はっきりと言ってくれるところが素敵。 こんな言葉言われたい……。雅志も言えたらなぁ。

と、恋の勝負は山下は有利に……なったのでしょうか?次回が楽しみすぎる。

Twitterでの反応は?

今回も胸キュンシーンが満載だっただけに、Twitterで多くのコメントが寄せられていました。一部ご紹介します。

Twitterでは相変わらず可愛いユリユリや山下の告白シーンに多くのコメントが寄せられ、大きな反響となっています。雅志にはやはり慰めの言葉が……

どうなる第7話!?

第7話では、ライバルが登場で順子が嫉妬? 山下とは?

そして、ついに雅志が想いをぶつける!?

どう展開していくのか、次回も見逃せませんね!

見逃し配信サービスも!

第6話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で2月26日(火) 21:59まで無料で配信、さらに『TBS FREE』でも7日間無料配信をしていますので、この機会をお見逃しなく。また『Paravi』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『TBS FREE』

『Paravi』

(執筆:クラン子)

※本記事内のInstagramやTwitterなどは、各サービスの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ