水樹奈々が『キャプテン・マーベル』に参戦!森川智之、日笠陽子、安元洋貴ら日本語吹替版声優を一挙発表

SPICE

2019/2/21 12:00


3月15日(金)公開の映画『キャプテン・マーベル』から、日本語吹替版声優が発表された。

『キャプテン・マーベル』は、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、アベンジャーズなどのマーベル作品を実写映画化するプロジェクト“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”の作品のひとつ。同プロジェクトでは初となる、女性ヒーローが単独主役の映画だ。記憶を失ったキャプテン・マーベルが、のちにアベンジャーズを結成するニック・フューリーと出会い、自身の過去に秘められた謎を追う姿を描く。


日本語吹替版でブリー・ラーソンが演じる主人公=キャプテン・マーベルの声をあてるのは、水樹奈々。水樹は、「収録を終えたばかりで興奮しています!高まっております!早く皆さんに映画を見てもらいたくて想いが溢れてしまいました」と、喜びのコメントを発表している。
下段左から、関俊彦、日笠陽子、安元洋貴、日野聡 (C)Marvel Studios 2019
下段左から、関俊彦、日笠陽子、安元洋貴、日野聡 (C)Marvel Studios 2019

また、キャプテン・マーベルが所属する、クリー帝国のエリート軍人集団“スターフォース”のメンバーをあてる声優陣も発表。ジュード・ロウ演じるスターフォースの司令官を森川智之、チームの有能なスナイパー=ミン・エルヴァを日笠陽子、チームイチの腕力を誇る巨体のブロン・チャーを安元洋貴、隠密行動と潜入のスペシャリスト=アット・ラスを日野聡がそれぞれ演じる。さらに、キャプテン・マーベルの宿敵タロス役で関俊彦が参加。ニック・フューリー役は、竹中直人が続投する。

声優発表にあわせ、Twitter連動キャンペーンの実施も決定。2月21日(木)の18時から21時の間で「#キャプテンマーベル最強声優」をつけてツイートをすると、キャプテン・マーベルを含むスターフォースのメンバーを演じる水樹奈々、森川智之、日笠陽子、安元洋貴、日野聡、関俊彦ら6人の“公式ボイス”がリプライで届くというもの。詳細は、『アベンジャーズ』公式Twitter(@AVG_JP)を確認しよう。

『キャプテン・マーベル』は3月15日(金)全国公開

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ