島崎遥香の「神様」は東野幸治?AKB時代塩対応だった理由とは

画像は『島崎遥香』公式Instagramより

2月17日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に女優の島崎遥香が登場。AKB48時代の代名詞でもあった「塩対応」だった理由を語ったり、またバラエティ番組でうまく発言できず困っている時にフォローを入れてくれた芸人の名前を明かした。


島崎「塩対応しないと生きていけなかったんです」


番組序盤、MCの後藤輝基が「塩対応のイメージですけど、AKB卒業して肩の荷が下りましたか?」と振ると島崎は「そうですね、だいぶ」と正直に答え、笑いが起こる。さらに東野幸治から「ぱるる、今日はハキハキしてるね」と言われると島崎は「今日は頑張って、何か爪痕残したいです」と、普段のクールなイメージとは違うヤル気満々な発言をし、スタジオ陣は驚きの表情。

そんな様子を見た後藤が「今までは俺らが何振っても『どうですかね~』みたいな塩対応のイメージやったけど、それは本心ではなかった?」と聞くと島崎は「AKBは層が厚いから、そうしないと生きていけなかったんです」と塩対応だった理由について語った。

そして番組は、過去の過ちをVTRで振り返る「私の平成黒歴史」というコーナーに。

島崎の黒歴史は、かつて明石家さんまMCのバラエティー番組に出演した時、藤田ニコルや滝沢カレン、あばれる君、ふなっしーなど濃いメンバーに囲まれて何も発言できなかったものだと紹介された。そして、その時助け舟を出したのが、なんと普段は冷徹なキャラで通っている東野。

「ぱるるって娘は一生懸命で、クールですけど内面に熱いものを持ってるんです!」と、ひざまずきながら必死にフォローしている東野の様子が明かされ、スタジオ中驚きに包まれた。島崎は「本当に神様だな、って思いました」と感謝を伝え、東野はこれにガッツポーズで答えていた。

また「(同じ番組で)後藤さんも目線で『ぱるる行け!』って言ってくれたんです」と振り返る島崎。しかし後藤が「その時一緒にいた渡部(建)さんは?」と聞くが島崎は笑うだけ。これに渡部は「覚えてないんかい!」とツッコむしかなく、スタジオは大爆笑となった。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ