『アナと雪の女王2』日米同時公開が決定 ディズニー史上初のWヒロイン映画再び

SPICE

2019/2/20 13:00


アニメーション映画『アナと雪の女王』続編『アナと雪の女王2』が11月22日(金)に公開されることが決定した。

『アナと雪の女王』は、すべてを凍らせる力を持ったエルサと、彼女を救おうとする妹アナの物語を描いたディズニーアニメ。ディズニー史上初の、2人のプリンセスを主人公とした作品だ。2013年に公開された前作『アナと雪の女王』は、日本国内だけで興行収入約255億円、観客約2,000万人を動員。歴代興行収入第3位を記録する大ヒットとなった。全世界興行収入は12億76,48万335ドル(※boxoffice mojo調べ)で、90年以上続く歴代ディズニー・アニメーション作品の興行成績をおさめている。
(C)2019 Disney. All Rights Reserved.
(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

2019年に公開される、シリーズ最新作『アナと雪の女王2』では、エルサ役をイディナ・メンゼルが、アナ役をクリステン・ベルが引き続いて演じるほか、クリス・バックとジェニファー・リーの両監督も続投。オラフやクリストフが登場するのか、など、物語の詳細は明らかになっていないが、「アナ雪の新しい物語が描かれる」ことは決まっているという。

なお、『アナと雪の女王2』は、全米と同時に日本でも公開される。

『アナと雪の女王2』は2019年11月22日全国公開。 

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ