岩手県出身、村上弘明&夢アド・志田友美のドラマを公開

Entame Plex

2019/2/19 10:24



岩手県は、2月13日より岩手県復興情報発信WEB動画「復興新時代をいわてから。 三陸鉄道編」「復興新時代をいわてから。 吉里吉里学園編」を公開中。

本動画は、東日本大震災後さまざまな場所で復興に取り組み、新しい時代を切り開いている岩手県の様子を発信するべく制作されたもの。



「復興新時代をいわてから。 三陸鉄道編」では、北と南のレールが分断されていた三陸鉄道が復旧し、3月23日より「リアス線」という新しい名称で再スタートするまでの様子をドキュメンタリーで描いている。その距離は163kmで、第三セクターとして日本一長い鉄道となる。



一方、「復興新時代をいわてから。 吉里吉里学園編」では、大槌町の小中一貫教育校・吉里吉里学園の「ふるさと科」という教科の取り組みを紹介。震災で甚大な被害を受けた大槌町において、子どもたちがふるさとの良さを学び受け継ぐ様子を伝える内容となっている。

さらに、俳優の村上弘明が原敬を熱演するオリジナルドラマ「偉人局」も公開中。

2014年より「いわて☆はまらいん特使」として岩手の魅力を発信している村上が、岩手出身の第19代内閣総理大臣・原敬を演じている。原敬は、大正年間、平民として初めて総理大臣に就任し、本格的な政党政治を確立するとともに、鉄道の敷設や高等教育機関の整備など、地方の振興や教育改革にも取り組み、日本の礎を築いた人物。2018年に、総理就任100周年を迎えた原敬が、岩手県の「偉人局」という架空の組織に来訪し、現代の盛岡の街を巡るファンタジーなストーリーとなっている。



本動画の監督は、岩手県奥州市出身の及川拓郎が務めているほか、村上と共演する偉人局アシスタントには、アイドルグループ「夢みるアドレセンス」のメンバーで一関市出身の志田友美も出演。“オール岩手”の面々で制作されている。

また、撮影現場の様子や村上、志田に出演した感想などを聞いたインタビューを収めた動画も公開中。志田が「東京に住んでいるけど、“岩手愛”は忘れてないです!」と語るなど、岩手に縁のある制作メンバーならではの地元愛を感じられる作品となっている。

当記事はEntame Plexの提供記事です。

Entame Plex

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ