遠藤憲一、元人気女優のクレーマーを⼼⾝共に解すことはできるのか?『さすらい温泉』

テレビドガッチ

2019/2/19 06:00

加藤貴子が、遠藤憲一主演ドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』(テレビ東京系、毎週水曜25:35~)の第六湯にマドンナ役で出演することがわかった。加藤は、女優の加納多香子役を演じるのだが、この多香子、実はひどいクレーマーだった!?

同ドラマは、Paravi×テレビ東京グループ連続ドラマ「ドラマパラビ」の第2弾。人気プロデューサー阿部真士とタッグを組み、虚実入り混じった形の、全く新しい密着温泉ドキュメンタリーが誕生した。遠藤は、素性を隠し「中井田健一」と名乗り、<日本各地の名湯・秘湯>で“さすらいの男仲居”として働く役(?)どころ。風光明媚な景観、歴史と文化の香る宿建築、情緒ある湯の数々、そして温泉地だからこそ交差する人生。様々な人情に触れ、明日を生きる力を得る姿が密着温泉ドキュメンタリードラマとして描かれていく。

今回の舞台は「箱根強羅温泉 強羅天翠」。そこで、「お風呂のお湯が熱い」と文句を付けるモンスタークレーマーの多香子(加藤)と出会う。多香子は箱根駅伝を題材にした30年前のドラマ「俺たちのタスキ」でヒロインを演じた女優。旅館には、妻子ある不倫中の恋人と別れるために、やってきたのだという。

中井田は自分のことを「もう終わった女」だと言う多香子が気にかかって……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ