カラオケあるある26連発!「つい履歴をチェック」「操作ミスで同じ曲連発」「最後は年代別メドレー」



飲み会の二次会として、休日に友達と集まって、もしくは一人で息抜きなど、カラオケはさまざまなシーンで楽しめるもの。好きな曲を大きな声で歌えば最高のストレス発散にもなります。忙しい社会人にとって、気分をリフレッシュするのに最適な娯楽のひとつです。

カラオケあるある25連発を発表!


今回のあるあるは「カラオケ」がテーマ。ありがちなことを厳選してドドンと26連発で発表します。カラオケに行ったときのことを思い出して読んでみてください。

1.1曲目の選曲が難しい
先陣を切って曲を入れるのって難しい!まわりの人たちがどんな曲を好きなのか知らないときはなおさらです。

2.隣の部屋の選曲が気になる
隣の部屋からかすかに聞こえてくる歌声。その選曲が自分好みだと、どんな人が歌っているのか覗きに行きたくなってしまいます。

3.ついつい「履歴」をチェック
前に同じ部屋にいた人はどんな選曲をしていたのか気になっちゃいます。選曲から年代や趣味を推測するのがまた楽しい……。

4.スマホの音楽プレイヤーを見て歌いたい曲を探す
普段「これカラオケで歌いたい!」と思っていた曲も、いざカラオケに行くと「何を歌いたかったんだっけな」と忘れてしまうものです。

5.操作ミスで同じ曲が連発
リモコンがちゃんと操作できたかわからず、送信ボタンを何回も押してしまい、気がつくと同じ曲が連続で入っています。

6.平日昼間と週末夜の値段差にびっくり
同じことをしているのにどうして値段がこんなにも違うのか……。

7.たまに一人で仕事している人がいる
平日昼間だとカフェやファミレスに行くより安上がりな場合も。ランチがてらそのまま歌わずに仕事をする人も多いようです。隣の部屋だと歌うのがちょっと申し訳ない……。

8.飲み放題プランで高いコースを選びがち
一番安いコースにしようと思ったらカクテルが少ない。中間のコースにプラス数百円でプチ贅沢なドリンクも選べる……。なんて考えているとつい一番高いコースを選んでしまいます。

9.ポッキーが高い
カラオケボックスの定番のお菓子といえばポッキーやポテトチップス。割高なのについ頼んでしまいます。

10.料理メニューはほとんど頼まない
最近のカラオケは料理も美味しくなったとは聞きますが、結局頼むのはポテトや唐揚げなどのおつまみメニュー。

11.同窓会カラオケだと最後は年代別メドレー
これ以上盛り上がる選曲はありません。マイクを回しながらみんなで合唱!

12.まわりが知らない曲は盛り上がらない
みんなが知っている曲を歌っているなか、1曲だけ自分の好きな曲を「これいい曲だから!」と入れても盛り上がらず。スマホいじりタイム、会話タイム、選曲タイムになってしまうことも。

13.ラップの曲で失敗
普段は音楽を聞きながら上手に口ずさめているラップも、いざカラオケで歌ってみると難易度の高さを再確認。マイク一本で活躍しているラッパーって、やっぱりすごい!

14.DA PUMPの『U.S.A.』は難易度が高い
2018年に大ヒットしたDA PUMPの「U.S.A.」。カラオケで歌ってみたという人も多いかと思いますが、あのハイトーンボイスを歌い切るのは実は相当難易度が高め!

15.セリフ部分はスルーしてしまいがち
ときどき曲間にセリフが入っている曲がありますが、なんだか恥ずかしくてついスルーしてしまいます。



16.(間奏 80秒)と出た瞬間に止めたくなる
生演奏だとカッコよく見えるギターソロなども、カラオケだとただの退屈な時間に。

17.長すぎる曲を入れるとKY扱い
1曲が5分~6分を超えてくる曲を入れてしまうと飽きられがちなので要注意。

18.最後のサビが終わったら即演奏停止にイラッ
もっと余韻に浸りたいのに、終わった瞬間ほかの人に演奏停止されるとさすがにイラッときてしまいます。

19.グラスやジョッキを割ってごめんなさい
カラオケで盛り上がり、立ち上がって飛び跳ねながら歌っているとついグラスやジョッキを落として割ってしまいがち。いっそプラスチック製のものを使ったほうがいいのでは……?

20.採点が高得点=上手とは限らない
あくまで採点基準に合った歌い方をしているだけで、高得点=歌が上手とは言い切れない気がします。

21.一度は100点を出してみたい
上手い人が高得点になるとは限らないからこそ、一度は満点を叩き出してみたいものです。

22.カロリー消費量に「うそでしょ?」
血管が破裂しそうなほど熱唱したのにカロリー消費量が「7kcal」とか表示されると、ほんとに測定できてるのか疑問に思ってしまいます。

23.「ハモリ機能」好きだったのにな
今のアラサー世代が学生だった頃は自動でハモリをつけてくれる機能がけっこー人気でした。しかし、最近はほとんど使う人がいません。

24.謎機能が導入されている機種もある
採点機能やハモリ機能は定番ですが、ほかにもよく見ると謎機能が搭載されていることも。リモコンでお絵かきができたり、スマホの画像を画面に映し出すことができたり……。

25.別バージョンが多すぎる曲で選曲ミス
「なんかいつもと違う」と違和感が出てしまい、盛り上がらずにEND。

26.終了10分前の電話→残りの曲は1番だけ歌って消化
駆け足で1番だけ歌っては演奏停止を繰り返すものの、結果的に数分オーバー。でも会計時に見逃してくれて感謝感謝。

やっぱりカラオケは楽しい!


歌うことが苦手な人や、人前で歌うのは恥ずかしいという人も多いかと思いますが、それでも音楽は誰もが日常的に耳にしているもの。時代を映し出した名曲を友人たちと一緒に歌ったり聞いたりするのは楽しいものです。

平成が終わる前に、カラオケで平成時代のヒット曲を振り返ってみてはいかがでしょう。

WRITER

  • 毬藻練子 (まりもねっこ)
  •        

  • 執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ