けやき坂46が「日向坂46」に改名……欅坂46ファンは、どう動く?

日刊サイゾー

2019/2/15 13:00


 アイドルグループの「けやき坂46」、通称「ひらがなけやき」が11日、グループ名を「日向坂46」に改めることを発表した。

「ひらがなけやき」は、2015年に誕生した欅坂46の姉妹グループとして同年に結成されたグループだ。当初は“欅坂の2軍”のような位置づけかと思われたけやき坂だったが、先輩グループの乃木坂46のような1軍と2軍の入れ替えは一切行われず、事実上、別グループとして活動してきた。ただ、混乱必至な2つのグループ名には問題が多々存在していたという。芸能誌のライターが語る。

「『欅坂』と『けやき坂』という、同じ発音のグループが2つ存在すれば、困惑するなという方が無理な話です。『けやき坂』で検索や変換をすると、ヒットするのは『欅坂』ですし、話題にする際にも『ひらがなの方の……』『漢字の方の……』と、面倒なことになるのは当たり前。このままいくのかどうか、ずっと注目されていましたが、結局“改名”に落ち着いたんですね」

気に入った子がいて検索しても、なかなか目的の子にたどり着かないようでは、知名度向上には大いに差し障りがある。改名はある意味、遅すぎた決断のようにも思われるが、これまではあいまいだった2つのグループが完全に“別物”になることで、影響を受けそうなのがむしろ欅坂。長年女性アイドルを追いかけ続けてきたフリーライターが語る。

「グループ誕生以来、順調に成長してきた欅坂ですが、欅坂のシングルには、セカンドシングル以降、カップリングとしてけやき坂の曲が収録されてきました。恐らく、“けやき目当て”だった人間も相当数いるはずで、欅坂のシングルの売り上げが落ち込むことも考えられます。また欅坂には“センター問題”も存在します。欅坂はデビューシングル以来、すべてセンターは平手友梨奈が担当。今のところ、平手とその他のメンバーの知名度にかなりの差がある事実は否めない。しかも欅坂はおとなしいメンバーが多く、バラエティで使えるメンバーが見当たりません。その点、日向坂は、キャプテンの佐々木久美をはじめ、加藤史帆、井口眞緒、齊藤京子など、バラエティに対応できそうなメンバーが何人もいます。これまで紅白に3回出場した欅坂ですが、ゆくゆくは日向坂が“下剋上”をする可能性も十分あるでしょう。もちろん、欅坂にとって“ライバル”としてよい刺激になり、それぞれの人気がアップしてほしいものですが」

日向坂は3月にデビューシングルの発売も決定。乃木坂46を含めた“坂道シリーズの”3グループが高いレベルで競い合う状況が、今しばらく続きそうだ。

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ