上白石萌音、来日のローサに「アイラブユー」 初対面の印象は「アリータそのもの」

テレビファン


 映画『アリータ:バトル・エンジェル』アリータ降臨 ジャパンプレミアイベントが14日、東京都内で行われ、来日ゲストのローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ロバート・ロドリゲス監督、日本語吹き替え声優を務めた上白石萌音、原作者の木城ゆきと氏ほかが登場した。

日本のSF漫画「銃夢」を、ジェームズ・キャメロン監督が映画化した本作。心を持ったサイボーグの少女アリータの壮大な冒険物語を描く。

主人公アリータを演じたローサは、「アリータを作ってくださった原作者の木城先生と一緒に、“ふるさと”にいることをうれしく思います。アリータはダイナミックで激しいキャラクターで、いろんな面を持った女性。こんなクレイジーな宇宙観やキャラクターをいっぱい作ってくださった木城先生に感謝します」と来日した感想を語った。

アリータの吹き替えを担当した上白石は、初対面のローサの印象について、「最初から温かいハグで迎え入れてくださった。アリータ同様にバイタリティにあふれる、格好良さとキュートさを持ち合わせた方で、アリータそのものなんだなと感じました。ローサさんの声をずっと聞いていたので、お会いできてうれしいです」と声を弾ませた。

ローサも上白石に対し、「すぐに仲良しになれました。彼女の故郷の家に呼んでくれたので、私は本当に行く気になっています」とコメント。最後は「アイラブユー」と上白石に愛情たっぷりに伝えると、上白石も笑顔で「アイラブユートゥー」と応じていた。

映画は22日から全国ロードショー。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ