犯罪映画を参考に強盗…劇中に本人登場の実話『アメリカン・アニマルズ』公開

クランクイン!

2019/2/15 08:00

 クライム映画に影響を受けた4人の大学生が特殊メイクで強盗に押し入るという、米国で実際に起きた事件を映画化した『American Animals(原題)』が、『アメリカン・アニマルズ』の邦題で5月17日から公開されることが決定。日本オリジナルの予告編とポスターが解禁された。

【写真】変装姿も『アメリカン・アニマルズ』場面写真

本作は、ドキュメンタリー映画『The Imposter(原題)』で英国アカデミー賞最優秀デビュー賞を受賞し、長編ドラマとしては本作が初監督作品となるバート・レイトンが手掛けるクライム・エンタテインメント。事件を起こした本人たちを劇中に登場させ、ドキュメンタリーとドラマの融合した作品を誕生させた。

米ケンタッキー州で退屈な大学生活を送るウォーレンとスペンサーは、自分が周りの人間と何一つ変わらない普通の大人になりかけていることを感じていた。そんなある日、2人は大学図書館に時価1200万ドル(約12億円)を超える野鳥画家オーデュポンの画集『アメリカの鳥類』が保管されていることを知る。「その本が手に入れば、莫大な金で俺たちの人生は最高になる」。そう確信した彼らは、大学の友人エリックとチャズに声をかける。『スナッチ』『レザボア・ドッグス』『オーシャンズ11』などの犯罪映画を参考に作戦を練ることにした4人は、特殊メイクで老人にふんし、図書館に乗り込む計画を立てる…。

若者4人を演じるのは映画『X‐MEN:アポカリプス』のエヴァン・ピーターズ、『ダンケルク』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』のバリー・コーガン、『スウィート17モンスター』のブレイク・ジェナー、海外ドラマ『トラベラーズ』に出演のジャレッド・アブラハムソンといった実力派若手俳優たち。

予告編では、退屈な日常に飽き飽きしていた若者たちが完全犯罪を計画、ネットでその方法を検索したり、侵入経路などを綿密に打ち合わせたりした上、老人に変装して図書館に乗り込んでいく様子が、「いつの日か後悔したくない。あのときやっていれば人生は違ったはずだと」というせりふとともに映し出されている。

日本版ポスターは、「普通の大学生が起こした普通じゃない強盗事件。」というコピーとともに、往年のクライム映画に影響を受けた主人公たちが特殊メイクで老人にふんし強盗を企む様子を表現。若者たちが狙う画集『アメリカの鳥類』の絵をモチーフに、彼らの頭部は鳥の頭に置き換えられている。

映画『アメリカン・アニマルズ』は5月17日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ