米津玄師、ベッキー結婚後の意味深投稿が物議 「趣味悪い」「どうして…」

しらべぇ

2019/2/14 12:30


歌手の米津玄師が13日に自身のツイッターを更新。人気バンド「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音の写真をアップして話題になっている。

■「絵音に幸あれ」


米津は「絵音に幸あれ」とのメッセージとともに、泣きまねをする川谷の写真をアップ。ふたりの間でどのような会話が行われていたかはわからないが、その日は川谷の「ゲス不倫」の相手でもあったベッキーの結婚発表の日だった。

また、川谷も自身のツイッターに「米津に幸あれ」と同様の内容を投稿しており、仲の良さが伺える。



■「優しい」「ウケ狙いのつもり?」


意味深長な投稿を受け、ツイッターやガールズちゃんねるでは「イジっていいの?」「ネタにして笑ってあげる米津さん優しい」との声が寄せられた。

やはり、タイミングがタイミングだけに騒動を思い出す人は多かったようで、そこにあえて触れていく米津に優しさを感じたとのコメントが目立つ。

「米津さん優しい…うん。やさしい…」

「ネタにして笑ってあげるのも友としての優しさ…かな?」

しかし、一方で批判的な意見も。騒動を乗り越え、片岡治大コーチと結ばれて幸せなベッキーに対して失礼との声や、ネタにすることに疑問を感じるとの声があがっている。中には「米津の好感度が下がった」「川谷と仲良かったのショック」と落胆するファンもみうけられた。

「このネタに触れるなんて…もしかしてSNSやっちゃいけないタイプ? そのうちやらかしそう」

「ウケ狙いのつもり? だとしたら趣味悪… 全く関係ないことで投稿したのかもしれんけど、深読みされるようなタイミングは避けた方がいいわ。余計なことは言わないに限る」

■ゲス不倫後にバンドを好きになった人は…


当時、連日のように報じられていたゲス不倫問題。騒動をきっかけに川谷を知って、曲を聞き始めたという人もいるだろう。

しらべぇ編集部が全国20~60代のゲスの極み乙女。を知っている男女1,027名に「不倫騒動後のバンドの印象」について調査したところ、「好きになった」と答えた人は1割未満。20代では1割いるが、やはりゲス不倫騒動は悪印象しかなかったようだ。



物議を醸した米津と川谷。思わぬ批判の声もあがっているが、「ふたりに幸あれ」と願いたい。

・合わせて読みたい→ゲス・川谷ファンが選ぶ「ツラくて聞けなくなった曲」ベスト7

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20~60代のゲスの極み乙女。を知っている男女1027名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ