しゃぶしゃぶ温野菜でココナッツ&パクチー豚しゃぶ

レインズインターナショナルが展開する「しゃぶしゃぶ温野菜」は2月13日から、バラエティ番組「有吉弘行のダレトク!?」(関西テレビ・フジテレビ系)の人気企画「没メニューレストラン」で選ばれ“復活”を遂げたメニュー「ココナッツだしで食べる 北海道つや姫豚しゃぶ」の販売を開始した。期間は3月6日まで。

「しゃぶしゃぶ温野菜」では、年間60種類以上の商品を開発しているが、その中で実際に導入に至るのは10種類ほど。多くの“没メニュー”の中から、開発がメニューに入れたい4品を「没メニューレストラン」でプレゼン、有吉弘行ら出演者が試食を行い、商品化するに相応しい1品として「ココナッツだし」が選ばれた。

甘味の中にも旨みが濃縮している「ココナッツだし」は、国産野菜や温野菜オリジナルのブランド豚“北海道つや姫豚”の甘味をより際立たせてくれるだし。独特な2つの食材、ココナッツとパクチーは、万人には受け入れられづらいという理由でボツになっていた。ただ、好きな人にはたまらない味であることも事実。番組コーナー史上初めて有吉が悩みに悩んだ結果、選ばれたのが「ココナッツだし」だ。

その特長は、温野菜人気No.1の和牛だしにココナッツミルクとパクチーを加え、南国感を出したミルキーな味わい。「夕採れレタス」を一緒に食べると、よりだしの旨みを感じられる。スタジオ試食の際にも、有吉は「夕採れレタスとの組み合わせが美味しい!」と絶賛。一緒に提供される「グリーンカレーたれ」をトッピングすると辛味が味を引き締め、また一味ちがったエスニック感が楽しめる。

また、ココナッツに合わせて「パクチーつみれ」も開発。人気の鶏つみれにたっぷりのパクチーを組み合わせた。〆は、ココナッツチーズリゾットで、最後まで南国の風味を堪能できる。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ