東京オートサロンのほうが“本家”東京モーターショーより活況に沸いてしまっている問題 


「東京オートサロン2019」が、1月11日(金)から13日(日)に開催された。本イベントは1983年に「東京エキサイティングカーショー」としてスタート、87年から「東京オートサロン」(以下、TAS)として毎年開催されているもの。今年の来場者数は約33万人。これで5年連続30万人オーバーの好調ぶりだ。

一日あたり10万人というこの数字、なんと自動車イベントとしては本家ともいえる「東京モーターショー」(以下、TMS)を超えるもの。しかも、本家が幕張メッセから東京ビッグサイトへと会場を「格下げ」するなか、TASは87年以降幕張メッセでの開催を続けているからスゴイ。

TASの強さは諸々考えられるが、主後援のNAPAC(一般社団法人日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会)などによる出展社の活力みなぎる出品内容によるところが大きい。ド派手なカスタマイズカーやパーツ類、盛り上げ役の超セクシーなコンパニオンたちによる演出は、いまだ「ここだけバブル?」という様相なのである。

そんな下品な……などと言ってはイケナイ。そもそも、この国の文化の土台が「ヤンキーとカワイイ」で成り立っていることを考えれば、これほど日本的なイベントはないだろう。しかも、この動員を見過ごせないメーカーが数年前から本格出展、さらなる相乗効果を生んでいる。

一方、来場者や出展メーカー数の減少に歯止めがかからないTMSも、主催の一般社団法人日本自動車工業会(以下、自工会)がさまざまな対応策を打ち出しているけれど、どうも効果はいまひとつのよう。

たとえば、クルマ好きタレントやレーサーのトークショー、お友達ジャーナリストによる解説ツアーなどは、メーカーやメディアの「内輪感覚」レベルの発想で、焼け石に水状態。「最先端技術の展示こそ東京(日本)のショーらしい」という提案もあるけれど、これまた現状は不発だ。理由は明快。自工会が打ち出す「自動運転」「AI」といった最新技術はいまや世界の潮流で、特段日本だけが先行している分野ではないのである。

●TMSの生き残る道はどこにある?

では、TMSはどうしたらいい? 当然だけど、本来は展示の魅力でアピールするのが筋。けれども、「優れた市販車と期待できる展示車」が相乗効果を生むことを忘れ、「退屈な市販車と現実味のない展示車」に終始する現状に展望は見えない。

ということで、これまでの文脈で言えば、人気のTASと統合するのがいちばん手っ取り早くて現実的かもしれない。何しろ、とっくにメーカーも出展済みだ。それこそクールジャパンな感じだし、しかも幕張メッセに戻れる。それに、実は自工会もすでに後援しているのである。

いや、半裸の女性を国際ショーに出すなんて自工会のプライドが許さない! ということなら、先の「最先端技術の展示」をもう少し探ってみる手もありかと。

ご存じの方も多いと思うが、毎年5月にパシフィコ横浜で「人とくるまのテクノロジー展」というイベントが行われている。こちらは自工会とは別の公益社団法人自動車技術会が主催していて、多くの部品メーカーの展示に加え関連学会の研究発表や講演、ワークショップ等が行われている。

実は、先端技術やその動向などは500以上の企業が参加する本イベントのほうがよりリアルで、しかも技術者による学術的な発表まである。であれば、たとえばこの手のイベントと統合するという方法もあるんじゃないかと。こちらもすでにメーカーが参加しているし、何より技術・テクノロジーショーとして海外メディアへの発信力にもなる。

さて、自工会は今年のTMSの対応策として開催期間の延長とビッグサイト周辺での関連イベントを発表している。もしかしたら、自工会会長の豊田章男氏は、TMSと隔年開催の「東京モーターフェス」的なお祭り騒ぎを持って来るつもりなのかもしれない。

もし「マツコと章男のトークショー」や、平成の名車展示なんてノリでなんとかなると思っているなら、国際ショーとして海外メディアからの失笑は必至だ。いや、どうせ笑われるんだったら、やっぱり半裸のコンパニオンのほうが……。
(文=すぎもと たかよし/サラリーマン自動車ライター)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ