恋愛が進展しない…草食男子からの「モヤッとする」お誘いLINE3選

ananweb

2019/2/13 20:15

デートは男性から誘うものと決まっているわけではありませんが、やはり男性から誘ってもらえるとキュンとしますよね。でも誘い方があまりに控えめだと、それに気付けないことも……。デートのお誘いだと気付かなかった、“遠回しなお誘いLINE”というテーマで女性に話を聞いてみました。
文・上岡史奈

■ 「相談したいことが…」

「サークルの先輩から突然LINEがきて『相談したいことがある』と言われました。『なんですか?』と聞いても、LINEでは言いづらいからと教えてくれず。面倒くさそうなので2人で会うのを避けていたら、その先輩が『私に振られた』と言いふらしていました……」(21歳/大学生)

「相談したいことがある」と言って、女性を誘おうとする男性は少なくありません。本当に悩みがあるのかそうでないのかを見抜くのは難しいですが、何に悩んでいるか少しも言わずにとにかく2人で会おうとするときは、深刻な悩みはないことが多いでしょう。

■ 「うちの近所に美味しいお店があるんだよね」

「最近知り合った男性とLINEでやり取りしていたら、『うちの近くに美味しいお店があるんだよね』と自慢されました。私は『そうなんだ』と流してしまいましたが、もしかして、私が『行きたい』って言うのを待っていたのかも?」(26歳/保育士)

いますよね。“美味しいお店”“面白い展示”“景色がキレイな場所”がある、といった情報だけ見せてきて「一緒に行かない?」とハッキリ言わない男性。また「舞台とか興味ある?」「お酒好き?」などと質問だけしてきて、具体的には誘ってこない人もいます。女性から誘わない限り、永遠に関係が進展しない受け身男性でしょう。

■ 「月が綺麗ですね」

「満月の日に『月が綺麗ですね。今度食事でも』って知り合いの男性から送られてきたんですが、『何で突然?』と意味が分からず既読スルーしちゃったんです。次の日、そのことを会社の先輩にしたら『それ告白だよ! 夏目漱石の話、知らないの?』と馬鹿にされました。でも、本当に月の話だったかもしれないし……結局分からないままです」(23歳/アパレル関係勤務)

かつて英語教師であった夏目漱石氏が、「I LOVE YOU」を「愛しています」と訳すのは直接的過ぎて無粋なので「月が綺麗ですね」とでもボカして訳しなさい、と言ったエピソードがあります。そのフレーズをわざわざ送ってきたということは、遠回しな告白の可能性が高そうですが、勘違いだったら悲しいですよね。

男性が勇気を出して誘ったのに女性に通じていなかった、ということは意外によくあります。女性が「これって、もしかしてデートのお誘い?」と察しても、男性に確認しない限りそのまま関係が進展することはないでしょう。気になる相手がいるのであれば、女性から誘ってみても良いでしょう。

(C) nelen / shutterstock(C) Farknot Architect / shutterstock(C) Y Photo Studio / shutterstock

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ