メリー・ポピンズ演じる平原綾香、「自分を信じる心が一番の魔法」と語る

UtaTen

2019/2/13 18:01

ディズニー史上初の快挙を受け…


──平原さんは昨年舞台『メリー・ポピンズ』で主役のメリー・ポピンズ役を演じられていましたが、今回ディズニー映画『メリー・ポピンズ リターンズ』で劇中のセリフと歌の吹き替え、さらにエンドソングも担当されることになったお気持ちから伺わせてください。

平原綾香:吹き替えはオーディションだったんです、なので受かってよかったという感じだったんですけども。

その先にエンドソングがあることも知らなかったんですけど、途中「エンドソングも是非」ということでお声がけいただいて歌うことになったんです。すごく嬉しかったですね!

エンドソングと吹き替えの両方を同じ人が担当するっていうのは初めてのことらしいので、すごく光栄だなって思いました。

──聞くところによると、関係者の方々も「エンドソングも平原さんじゃなきゃ!」という声を挙げられていたそうで。

平原綾香:昨年の舞台の時もメリーの研究をずっとしてきたので、その経験に助けられました。

──研究というのは、オリジナルの『メリー・ポピンズ』からインスピレーションを得られたり?

平原綾香:ジュリー・アンドリュースの『メリー・ポピンズ』も観たんですけど、原作の小説もまた違ったメリーなので、どう演じようかというところはすごく難しかったです。
というのも、みんなそれぞれに“メリーってこういう人”っていう人物像が心の中にあるので、人によって誰かが表現するメリーがイメージと違ったりするんですよね。

──では舞台『メリー・ポピンズ』で演じられたメリーとはまた違ったメリーを、映画『メリー・ポピンズ リターンズ』の方では感じられるんですね。

平原綾香:そうですね、エミリー(ブラント)さんが『メリー・ポピンズ リターンズ』のメリーを演じられていたからこそ、思い切ってできました。



──劇中で歌われている『幸せのありか』と、エンドソングの『幸せのありか』、アレンジも違ってきていますが、表現も全然違ってそれぞれに胸打たれます。

平原綾香:良かったです(笑)。劇中歌の方は、子供達を寝かしつける時に歌うのであまり歌い上げるような感じではなく、言葉を語るように歌うような歌い方にしました。

──劇中歌の方は映像の口の動きに合わせて歌うというのが大前提にあって、リズムに縛りがある中でこれだけの表現ができるのが、平原さんだからこそだと感じました。

平原綾香:確かに、自分の歌ではないからこそ歌うだけでも大変なのに、映像に合わせていくっていうのは大変な作業ではありました。
でも、いつもは1から曲を作り出していくことが多いんですけど、今回は大本があって、その口の動きや表情に合わせて歌が歌えるっていうのは、私が頑張ればいいだけだからと、とても楽しくできました。

──これまで声優業っていうのは…

平原綾香:1度だけジュリー・アンドリュースの『サウンド・オブ・ミュージック』でやったことがあるんですけど、ジュリー・アンドリュースと何か縁があるんですかね(笑)。

昨年震災の多かった日本にも…


──エンドソングの方の『幸せのありか』について詳しく伺っていきたいと思いますが、「真夜中の」で始まる最初のフレーズから鳥肌が立つくらい、平原さんの歌声がスッと染み込んできます!本当に毎回鳥肌が立つんですっ!

平原綾香:ハハハ(笑)!ありがとうございます。そこもこだわったところなので嬉しいですね。

──この曲を受け取ってから平原さんが表現するまでに、映画とは離れたところでイメージした曲の背景ですとか、ご自身の体験ってありますか?

平原綾香:この歌詞を読んだ時はすごく切なくなったんです。原文タイトルを訳すと“失くしたものが住む場所”になりますけど、こういう切り口で書かれている曲って世界にこの曲だけだと思うんです。

っていうのも、愛の曲でしたり、会えない人を歌う歌っていうのはいっぱいあると思うんですけど、なくなってしまったと思ったものも、実は失くしたものが住む場所にいるだけで、思い出そうとすればいつも会いに来てくれるという歌は私もこれまでに歌ったことがなくて、胸にくるものがありましたね。

去年たくさん災害もありましたし、大切な人を亡くしてしまった方たちにも自然な形で届く歌でもあると思うので、大事に歌いました。

──本当に、何かをなくしてしまって辛い思いをしている人に届けたい曲です。劇中ではどのような心情が表された曲となっているのでしょう?

平原綾香:劇中での『幸せのありか』は早くにお母さんを亡くした子供たちが寂しいっていうことを嘆いた時に子どもに向けて歌うんですけど、実はメリー・ポピンズの寂しさっていうのも歌われています。
ジュリー・アンドリュースの『メリー・ポピンズ』の時に教えていた子供が『メリー・ポピンズ リターンズ』では大人になっていて、当時のことを空想だったと思ってしまっているんです。

「星の彼方で 見てるから 見つけ出して」という歌詞が曲の最後の方にあるんですけども、それはメリーからのメッセージのように思います。

──映画を見た後に改めてエンドソングとして流れる『幸せのありか』を聴くとメリーのそんな気持ちも感じられて涙が出てきそうな。

平原綾香:劇中で『幸せのありか』を歌うときも、エミリーが演じるメリーもとっても切ない表情をするんです。

今回初めてメリー・ポピンズが忘れられてしまっているかもしれないという不安とか寂しさみたいなところが見えるので、見所の一つであるすごく良いシーンです。



自分を信じる心が一番の魔法


──『メリー・ポピンズ』のときに子供だった二人が大人になって、メリーとの思い出を空想だったと思ってしまっていたという、メリーにとっては寂しいシーンもあるそうですが、平原さんにも子供の頃だからこそ持っていた想像力が発揮されたような出来事ってありますか?私は子供の頃、自動販売機になって好きなだけジュースを飲みたいって思っていました(笑)。

平原綾香:そんなこと考えてたの(笑)!?かわいい!自動販売機になっても飲めないよ(笑)!

──そこまでぶっ飛んだことじゃなくても、子供だったからこその想像的な…(笑)。

平原綾香:私はバットマンが大好きで、子供の頃はバットマンが必ず私を迎えに来てくれると思ってました(笑)。

初めてバットマンを映画館に観に行った時に、あんまり内容は分からなかったんですけどずっと椅子に座ってて、ふと下を見たらバットマンがいたの!って言うと「平原さん大丈夫?」って言われるんだけど(笑)。本当にいたの!

それで“ハッ!”と思ったらバットマンが「シーッ」って言うから、“わかった、シーッね!”って。それからバットマンに恋をして、毎日バットマンに手紙を書いては自分のお家のポストに入れてました(笑)。

──かわいい~~~

平原綾香:届かないよってね(笑)。住所が分からなかったからバットマンに取りに来てほしかったんです。

──どなたかが回収してくれてたんですかね?

平原綾香:ですかね(笑)?でも映画館での出来事は今でも私は信じています!

──想像力は現実を超えるってことですよね!

平原綾香:そう、メリーも「どんなことでもできる、不可能なことでも。」って言うんですけど、私はその言葉がとっても好きです。
彼女はいろんな魔法を使えて、いつもシャンとしていて、完璧なんです。だけど一番すごいところって、自分を信じる心だなって思うんです。それが一番の魔法だと。

──想像力って自分を信じる力と比例するものなのかもしれないですね!

平原綾香:そうですね!

メリーと平原綾香の共通点は?


──続いて、歌詞にもフォーカスを当てて行きたいと思うのですが、鳥肌必須の最初のフレーズ、「真夜中の狭間で 眠れずに 彷徨って 人は皆 探すの なくしたものが 住む場所を」という歌詞の部分。眠れないほど辛い夜のことをこう表現するのか…とディズニーらしさを感じましたし、また、訳詞を書かれてる高橋亜子さんも素晴らしい訳を書いてくださいましたよね。

平原綾香:高橋亜子さんはミュージカル『メリー・ポピンズ』の訳詞も書かれている方なんです。歌の歌詞にも、セリフにも、素敵な言葉がたくさん入っているんですよね。『幸せのありか』の歌詞にももちろんたくさんの名言が書かれていますし、劇中歌『小さな火を灯せ』っていう歌も大好きなんです。

“君は部屋の中で閉じこもって俯いたままでいるか、それとも僕と一緒に小さな火を灯すか?”っていうことを歌うんですけど、本当にその通りだなと思っていて。

私も例えば悲しくなったりした時に、不機嫌になるのか、それとも笑うのか。それなら私は小さな火をともしたいから笑おう!って思えるから、とても良いメッセージだなって思いますし、映画を観るだけでじわっと心が洗われる感じがあるんです。
言葉の魔法がたくさん詰まった映画だと思います。

──日本語しかわからない私なんかは、絶対に吹き替えで、歌詞の意味を噛みしめながら『メリー・ポピンズ リターンズ』を観たいです!

平原綾香:是非観てください!

──メリー・ポピンズ役の吹き替えもやられていて、メリーと平原さんとが共通する部分を感じられたことは?

平原綾香:メリーと共通するのは掃除が好きなことですかね!最近掃除が好きで(笑)。キレイにするってやっぱりいいですね!
ゲッターズ飯田さんも言っていたんですけど、部屋が汚いまま神社に行っても意味がないんですって!まず自分の部屋がキレイになってゼロ地点なんだそうです。

──うわ…だから去年の初詣でしたお願い叶わなかったんだ…。

平原綾香:(笑)。なので私も部屋をキレイにするようになりました。
部屋がキレイになると色んな考えがまとまるんですよね!

──2月6日に発売されたシングルには煙突掃除屋さんの目線で書かれた『Chim Chim Cher-ee』もカップリングに収録されていますよね!

平原綾香:この曲も、“煙突掃除って汚い仕事だと思うだろう?でも、一番上に立ってみんなよりも綺麗な夜景が見えるんだぜ?”っていう素敵なメッセージが込められているんです。

──昨年の夏に放送されたFNS歌謡祭では『チム・チム・チェリー』と『スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス』を日本語で披露されていましたよね!圧巻でした…。

平原綾香:話題になったそうで(笑)!あの『チム・チム・チェリー』も“スパカリ”も、ミュージカルとは全く違った振り付けだったので覚えるのが大変だったんですけど、視聴率が良かったそうなので頑張って良かったです(笑)。

──あのFNSでの感動が英語バージョンになって今作に収録されているということで必見ですね。最後に、平原さんにとって今作がどんな1枚になったか、お聞かせください。

平原綾香:まずは、この『幸せのありか』という名曲を是非みなさんに味わっていただきたいですね。唯一無二の作品に出会えたなって思います。

『Chim Chim Cher-ee』(“チムチム”)と『Supercalifragilisticexpialidocious』(“スパカリ”)は昨年出した15周年アルバムの中に収録したものを特別に収録させてもらったんですけど、さらに今回は“チムチム”と“スパカリ”のカラオケバージョンも入れたデラックスシングルみたいになっているので(笑)。

──カラオケ入れてもらっても絶対難しくて歌えないって思いました…(笑)

平原綾香:いやいやいや、是非歌ってください(笑)。本当に豪華な内容になっていて、ジャケットもメリー・ポピンズっぽくデザインを仕上げたので、世界観を楽しんでもらいたいです。
本当にいろんな年代の方に聴いてもらえるメリー・ポピンズのパワーがありますから、大人の方は“懐かしいな”とか、子供だったら新曲として、この曲を家族で楽しんでもらいたいですね!



Text 愛香
Photo TAKESHI KUDO

『メリー・ポピンズ リターンズ』公開後 編集後記


ミュージカル映画として、目と耳を楽しませてくれる映画でありながら、歌詞や俳優陣・声優陣の表現の中に込められた想いを感じることでさらに深みの増す『メリー・ポピンズ リターンズ』。

吹き替え版では、平原綾香の凛々しさの中に温かみを含んだ声が主人公メリー・ポピンズのキャラクターに彩りを添えます。

1964年に公開された映画『メリー・ポピンズ』を観ていない人でも楽しめる作品となっていますが、『幸せのありか』の歌詞に触れ、メリー・ポピンズの吹き替えとエンドソングを担当した平原綾香の想いを受けて観る『メリー・ポピンズ リターンズ』はまた格別に心を揺さぶられること間違いなしです!

プレゼント応募について


Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

Follow @utaten

Tweet

【応募締め切り】
2/24 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ