『スクショ違法化』にマンガ家から反対の声 / のだめカンタービレ作者「誰が頼んだよ、こんなの……」



昨年2018年、燃え上がったマンガの海賊版サイト問題。作者や出版社とは無関係に、市販のマンガをネットにアップするサイトが大きな問題となった。そこから一気にクローズアップされたのがネットにおける著作権

朝日新聞によると、文化庁が国会に著作権法の改正案を提出するという。イラスト・マンガ・写真なども対象となるこの改正案。「スクリーンショットも違法」となるとのこと。これにマンガ家が反対の声をあげているのでお伝えしたい

・違法コンテンツのダウンロードについて
前述の通り、著作権侵害の対象が広がる今回の改正案。小説や雑誌、写真、論文、コンピュータープログラムなどあらゆるネット上のコンテンツが対象となるという。個人ブログやTwitterも対象、スクリーンショットもアウト。

ただし、これらはあくまで海賊版対策の延長なので、基本的には「権利者の許可なくアップされているもの」をダウンロードすることについての罰であるようだ。要するに、「海賊版サイトからダウンロードしないでね」ということである。詳しくは、朝日新聞を見ていただければ幸いだ。

とは言え、ネットにはコピペや編集で新たな表現を生み出す文化があることも確かである。そのため、「ネット利用が委縮する」という批判の声も多い。この改正案について、『のだめカンタービレ』の二ノ宮知子先生が以下のようなツイートを投稿していた。

「誰が頼んだよ、こんなの…。」

──たったひと言だが、反対の意思がビンビン伝わってくる。前述の通り、マンガの海賊版サイトから端を発するこの問題。マンガ家は言わば当事者である。見当違いなことにならないように十分な調整が行われることを願う。

参照元:朝日新聞、Twitter @nino0120444
執筆:中澤星児

関連ツイートはこちら
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ