【週末アニメ映画ランキング】「劇場版シティーハンター」4位、「コードギアス 復活のルルーシュ」5位発進

アニメハック

2019/2/13 19:00

(C) 北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
 2月9日~10日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。全国的に寒波が押し寄せた3連休。この週末は4本の新作がランクインした。「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」は4位に初登場。同作は、1980~90年代にテレビ放送された大ヒットアニメ「シティーハンター」の20年ぶりの新作となる長編アニメ映画だ。8日から全国251スクリーンで公開され、土日2日間で動員18万人、興収2億5700万円を記録。公開4日間では動員32万人、興収4億5000万円を超え、まずは興収15億円以上が見込める好調な出足となった。

「コードギアス 復活のルルーシュ」は5位スタート。同作は、2006から08年にかけて計2シーズンがテレビ放送され、2017~18年にはテレビシリーズを再構成した劇場版3部作が公開された人気アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」の完全新作劇場版となる。土日2日間で動員14万5000人、興収2億1700万円を記録。公開3日間では動員19万3000人、興収2億8000万円を超えた。全国120スクリーンでの公開ながら高稼働となっている。

前週7位の「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] II. lost butterfly」は圏外の11位に後退したが、第一章を超える勢いで推移している。アニメ作品のトップ10入りは2作品だけだった。

首位は「七つの会議」が2週連続で獲得。新作「アクアマン」は2位デビューし、3位は「マスカレード・ホテル」となっている。新作「ファースト・マン」は10位スタートだった。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ