着るロボット - JALのパワードウェアとは?


空港での手荷物、貨物搭降載業務などのグランドハンドリング業務を行うJALグループのJALグランドサービスが、作業者の身体的負担の軽減と生産性の向上を目的としてパワードウェアを20着導入。羽田空港と成田空港で、それぞれ10着を業務に活用している。

パワードウェア導入の背景には、旅客需要の拡大により手荷物や貨物の取り扱い量が増える一方、生産年齢人口の減少などを背景とした人手不足が懸念されており、また社員の身体的負荷や蓄積の軽減、生産性向上に取り組もうという意図がある。

今回導入されたパワードウェアは、奈良県奈良市に本社を置くATOUN(アトウン)社の「ATOUN MODEL Y」で、腰をサポートする着用型ロボット。第8回ロボット大賞のサービス部門で優秀賞を受賞しており、本体はカーボン樹脂フレームを採用し重量はリチウムイオンバッテリーを含む4.5kg。稼働時間は1回の充電で約4時間となっている。

JALグランドサービスでは、手荷物を取り扱うソーティング場でのベルトコンベアからコンテナへの積込作業や貨物倉庫内での貨物の取り扱い作業での活用が想定されている。

今後は、ATOUN社と協業して次世代モデルの開発も検討しており、力の差に左右されず働ける「パワーバリアレス社会」の実現を目指していくという。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ