「中学聖日記」が第99回ドラマアカデミー賞で4冠獲得!岡田健史が助演男優賞、吉田羊が助演女優賞に




(C)TBS

テレビ情報誌「週刊ザテレビジョン」2月13日発売号(KADOKAAWA)にて、『第99回ドラマアカデミー賞』の結果が発表された。最優秀作品賞には、刺激的な内容で大きな話題を呼んだ有村架純主演の「中学聖日記」(TBS系)が選ばれた。

同賞は1994年に創設され、読者、審査員、TV記者の投票によって国内で放送された地上波連続ドラマの中から部門別にナンバーワンを決定。毎年4回、クールごとに実施される。



岡田健史/撮影=横山マサト

今回は「中学聖日記」が最優秀作品賞、助演男優賞、助演女優賞、ドラマソング賞の4冠を獲得。誌面では、助演男優賞に選出された岡田健史、助演女優賞に選ばれた吉田羊、主題歌「プロローグ」がドラマソング賞を獲得したUru、プロデューサーの新井順子氏のインタビューが掲載されている。



戸田恵梨香/(C)TBS

また、主演女優賞は「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)の戸田恵梨香が受賞。主演男優賞は「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の賀来賢人が選ばれている。受賞結果は「ザテレビジョン」のウェブサイト(https://thetv.jp/)にて公開中。

『第99回ドラマアカデミー賞』の詳細や受賞者インタビューが掲載された「週刊ザテレビジョン」は、2月13日より発売中です。
ザ・テレビジョン (2015年06月03日発売)
Fujisan.co.jpより

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ