リーアム・ニーソン、除雪で鍛えた土地勘と体力で仇討ち 主演最新作公開

クランクイン!

2019/2/13 17:00

 俳優のリーアム・ニーソンが、息子を殺され復讐に燃える除雪作業員役で主演を務める映画『Cold Pursuit(原題)』が6月に公開されることが決定。併せて場面写真も解禁された。

【写真】『COLD PURSUIT(原題)』フォトギャラリー

ノルウェー出身のハンス・ピーター・モランド監督が、ステラン・スカルスガルド主演で製作した自身の監督作『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』(2014・日本未公開)をハリウッドでリメイクした本作。2月8日に世界で公開され、12ヵ国で初登場1位、北米での週末興行成績は第3位という好スタートを記録した。主演のリーアムのほかに、ローラ・ダーン、トム・ベイトマン、エミー・ロッサムが出演する。

雪の町キーホーで、模範市民賞を受賞するほど真面目な除雪作業員ネルズ・コックマン(リーアム)。ある日、一人息子が麻薬の過剰摂取と偽装され、地元の麻薬王バイキングの組織に殺されてしまう。裏で組織が糸を引いていることに気付いたネルズは、ある時は素手で、ある時は銃で、ある時は除雪車で、一人また一人と敵を殺していく。しかし、それを敵対するネイティブアメリカン麻薬組織の仕業と勘違いしたバイキングは、ネイティブ組織を襲撃。相手もその報復に出る。静かな田舎町で起きた久々の事件に、地元警察はテンションが上がりっぱなし。ネルズの戦いは、全く思いもよらない方向へと進んでいき…。

健康志向の麻薬王、見かけ倒しの金髪モヒカンチンピラ、年間100泊でモーテルの清掃員ナンパに命を懸けるギャング、依頼をチクる殺し屋、恋愛体質の中年マフィア幹部、殺人事件にテンションをあげる田舎の警官など、ほぼすべての登場人物が強烈。敵が敵を呼び、気付けば2つのマフィアと警察を巻き込んだ、クセモノだらけの四つ巴の戦いが巻き起こる。

解禁された場面写真は、リーアムを捉えた2点。1枚目は血を流しながら気迫に満ちた表情を浮かべ除雪車を運転する姿を、2枚目は、ショベル部分に血のようなものが付着した除雪車の前を行く姿を捉えたものとなっている。

映画『Cold Pursuit(原題)』は6月全国公開。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ