セルライトスパ・大須賀“審査員騒動”ネタに「怒るわけない。酒も強いんで」

 関西で活動する芸歴10年目以下の若手芸人が争う「第8回ytv漫才新人賞決定戦」(読売テレビ、3月3日後3・00)の出演順抽選会が13日、大阪市内の同局で行われ、進出6組が早くも火花を散らした。

 結成10年目で今回がラストチャンスの「セルライトスパ」は、肥後裕之(33)が先月30日に、相方の大須賀健剛(34)も半年前に第1子が誕生した“新米パパ”コンビ。大須賀が「こないだ湯船で(子どもに)ウンチされたんで、運はついてると思う」と、大張り切りでクジを引いたが結果は「1」。お笑い賞レースで「トップバッターは不利」とされる中での1番クジに苦笑いを浮かべた。

 さらに大須賀は、今回から審査委員に加わった「NON STYLE」の石田明(38)を思わせる全身白の衣装で登場。「石田さんのような清潔感が必要か、と。石田さんを意識しました」と、早速媚びを売るようなコメントで笑いを誘い「審査結果が不満でも大丈夫か?」と問われると「怒るわけないです。酒も強いんで。酒に飲まれることもないですし」と、昨年末の「M―1」後に「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)らがネット上で審査員を批判した騒動を逆手に取り、大きくうなずきながら話した。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ