高橋一生、憧れの落語家・Tと初対面「感性が現代に合致している」


俳優の高橋一生が、きょう13日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『1周回って知らない話』(毎週水曜19:00~)で、憧れの人と初対面する。

高橋には尊敬する会いたい人が2人いるということで、今回はその2人とスタジオで初対面。1人は異色の落語家・Tで、以前高橋が芝居で落語家を演じることになった際、たくさんの落語家の映像を見た中で、Tの落語は「古典的なものと彼の感性が現代にちゃんと合致している」と絶賛する。

実は、そんなTが落語を始めたきっかけは、MCの東野幸治。「昔はしいたげられてた」と、自身の活動に悩んでいたTに東野が言った一言が運命を変えることになったという。

スタジオでは、Tが高橋の目の前で本気の落語を生披露。憧れの落語を初めて生で聞いた高橋の感想は…。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ