窪塚洋介の妻・PINKY、1歳7ヶ月の娘と2人きりで約14時間のフライト「気絶しそうになりました」

AbemaTIMES

2019/2/13 15:12


 レゲエダンサーで俳優・窪塚洋介の妻であるPINKYが13日に更新した自身のアメブロで、1歳の娘と2人きりで14時間のフライトを経験したことを報告した。

PINKY公式ブログよりスクリーンショット

大阪からパリ経由でロンドンに移動したというPINKY。「今回は主人が先に渡英していた為、私と娘の2人で約14時間半の長距離フライトを経験しました」と報告し、「以前、赤ちゃん連れ飛行機に関しての質問をいただいたのと、備忘録として詳細を書いておこうと思います」とレポートをつづった。

PINKYは、「家から空港までは赤ちゃん連れなのでいつもより時間に余裕を持って空港定額タクシーで出発」「機内では「娘もなるべく楽しめるようにお気に入りのオモチャと、事前にHuluやYouTubeでiPadにダウンロードしておいた大好きな『おかあさんといっしょ』やパパのMV、Wigglesの歌とダンスの動画などを一緒に見たりしていました」など、ポイントを紹介。「先ず経由地のパリまでの12時間は特にグズることもなく過ごしてくれました」と説明した。

続いてパリの空港での待ち時間には「またキッズスペースで遊んだり抱っこで少しウトウトさせてみた」といい、「かなり眠い時間になっていたと思うのに泣きもせず頑張ってくれて有り難かったなぁ」とコメント。ロンドン到着後はイミグレーションで人の多さに気絶しそうになりましたが、ファストレーンで早めに通れて、荷物も無事にピックアップできて、手配していただいたお迎えの方に全て任せて無事に到着することができました」と無事に到着できたことを報告した。

出発前は「1人で1歳7ヶ月の娘を連れての長距離フライトに若干緊張していた」と明かすも、出発の数日前から娘に「楽しみだねー」「協力して頑張っていこうね」と語りかけていたところ、「娘にも通じたのか、グズることもなくお利口さんにしてくれて頑張ってくれて、本当に偉かった」と称賛。「まだ先だけど、帰国便の時も力を合わせて頑張ろうっ!!」と呼びかけた。

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ