長瀬智也がバレンタインに思い出す1人の同級生「大人になって大事な存在だと気づいた」

AbemaTIMES

2019/2/13 15:28


 13日、TOKIOの長瀬智也が、ヘアケアブランド「CLEAR」の新CM発表会に登場。あす14日のバレンタインデーにまつわる思い出を聞かれ「僕にいつもチョコレートをくれた一人の同級生がいました」と告白する場面があった。

 女性司会者が「小中学校の頃、机の引き出しや下駄箱に入りきらないぐらい貰ったのでは」と質問すると「いやいや、全く違います」と否定した長瀬。学生時代は「モテないやつ、むしろ気持ち悪い男だと思われていた」と切り返し、「ジャニーズにいるとチョコレートをいっぱい貰っている、そんなイメージがあるみたい。いつも同じように質問されます」とあっさり答えた。

それでも甘い思い出を一つ披露「僕にいつもチョコレートをくれた一人の同級生がいましたね」と回顧。「大人になって、自分に大事な存在だと気づきました」と切なく語り、思いをめぐらせた。「僕にチョコレートを渡しているところ、ほかの人に見られたかもしれない。そのあと、冷やかされたり、ひょっとしてイジメられたりしなかったかな」と心配。そう思うからか「僕のために勇気を振りしぼって渡してくれたんだと思う」と当時の女の子がしてくれた行動を思いやった。

 あす14日は、長瀬にとって大事なイベント日でもあるという。「実は母の誕生日なのです。むしろプレゼントを渡すことを考えたり、思い出したりします」と明かす場面も。どんなプレゼントを渡したのか気になり、その思い出を詳しく聞き出そうしたが、照れてばかりで答えなかった。

新しいイメージキャラクターに選ばれた長瀬は、来週18日から放送されるテレビCM&ウェブCMに出演。「この歳(40)になってシャンプーのCMに出れるなんて、とても光栄です」と深く感謝。「(商品は)女性用と男性用に分かれています。ぜひ、僕と同じぐらいの男性に使って欲しいです」とアピールしていた。

テキスト・写真:野原誠治

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ